■Akanthomyces tuberculatus (ガヤドリナガミノツブタケ)

■ 2016年06月25日 撮影

既に発見していましたが虫草オフにて新たな子実体が見付かり一同発狂! ガの成虫を宿主とする気生型の冬虫夏草の代表種「蛾寄生長実粒茸」です。 沢筋の幹や枝に掴まったままのガの成虫から発生するユニークな気生型。 いんたーさんが発見し、ガガンボさんどろんこさんも大興奮でしたね。

以前は「Cordyceps tuberculata f. moeleri」でしたが、学名変更です。 アナモルフの形状からアカンソマイセス属に変更されています。 実は本種は神出鬼没で発生環境の特定がほとんどできない虫草。 ぶっちゃけ出会いは「偶然」。だからこそ出会えると嬉しいのです。


■ 2016年02月27日 撮影

実は発見当初はまだ冬で子嚢殻は全く出来ていない状態だったのです。 時間をかけて定点観察を行い、成長を観察し、やっと掲載できました。 本種は前年冬に感染して越冬すると言う意味不明な生態を持ちます。


■ 2016年02月27日 撮影

宿主を拡大。ノコメセダカヨトウ等のヨトウガの仲間と教えて頂きました。 幹に掴まったまま息絶え、菌糸が幹に広がって完全に固定されていました。 菌糸は淡黄色で不規則にストローマが伸びていています。カッコイイ!


■ 2016年06月04日 撮影

変化が有ったのは6月。表面がつぶつぶして来ています。


■ 2016年07月02日 撮影

最終的には一番上の写真撮影後に翅が脱落してこのような姿になりました。 一枚面が変な色に写ってしまい撮り直したかったのですが・・・残念です。 しかし子嚢殻はこの段階が最も多く、この後しばらくして採取しました。 本種は越冬する性質から、大半は降雪や降雨で翅が落ちてしまうようです。

と言うか木に張り付いた菌糸にも子嚢殻が・・・ストローマは何のために?


■ 2016年07月08日 撮影

採取後に室内で黒背景で撮影してみました。な、何と言う美しさだ! 子嚢殻が鮮やかな黄色で透明感が有るので、裸生の魅力が溢れてます。 キラキラと輝く子嚢殻が、まるでガの死骸から花が咲いたかのようです。


■ 2016年07月08日 撮影

マクロレンズで超拡大してみました。何とも不思議な姿をしていますね。 本種には子嚢殻の形状が異なる似通った生態の別種が存在するとされます。 1つはアメイロスズメガタケ。子嚢殻の色が褐色のため雰囲気が違います。 もう一つはガヤドリキイロツブタケ。こちらは子嚢殻先端が丸いです。 ただこの両種は単純に個体差や未熟個体で同種とする説も根強いです。

残念ながら薬用成分も無く食用価値無しです。まぁモロにガですしね。 本種のキノコ部分は実質表面の菌糸と細いストローマだけですから。

■ 2016年02月17日 撮影

実は初発見は真冬。崖のオーバーハングした部分に付いていました。 見付けた時はもう興奮のあまり一人冬の森の中で絶叫してましたね。 本種のような気生型種は葉の少ない冬場の方が見付けやすいです。


■ 2016年05月28日 撮影

実は初発見後一度雨で脱落し、拾い上げて崖中ほどに乗せておきました。 しかし運悪くまたも脱落、しかも根に引っかかって宙吊り状態に・・・。 結果重さを感じないほどに乾燥してしまい、生存は絶望的になりました。


■ 2016年05月28日 撮影

しかし暑さを感じ始めた5月末、諦め半分で訪れた時に異変に気付きました。


■ 2016年05月28日 撮影

子嚢殻が出来てる!そんなバカな!あの乾燥を耐えて再成長できるのか! 例えるなら干し椎茸を水で戻したら成長し始めたってくらいの衝撃です。 気生型の冬虫夏草が乾燥に強いからと言ってカリカリでも死滅しないなんて!


■ 2016年05月28日 撮影

興味深いのはストローマ表面に白い菌糸が広がり子嚢殻が出来ると言う事。 この感じはツブノセミタケなどの子嚢殻形成パターンに良く似ています。 針タケ型で子嚢殻が裸生する種はストローマから直接子嚢殻が形成されます。 この感じ・・・なーんかCordycepsっぽくないなぁとか思っていたりします。

■ 2017年07月29日 撮影

どろんこさんとgajinさん参加の冬虫夏草オフにてgajinさんの案内で発見。 以前ヤンマタケが発生したフィールドを散策するも、発見はできませんでした。 今年は会えてなかったので嬉しい!標本は観察のためどろんこさんへ・・・。


■ 2017年07月29日 撮影

拡大してみました。垂れ下がった細い枝にしがみ付くように死んでいます。 宿主はやはりノコメセダカヨトウのようですね。このガが好きなのかな? 面白い事にこのフィールドは不思議と開けた場所で湿度もチョイ高い程度。


■ 2017年07月29日 撮影

拡大してみました。短いストローマにもしっかりと子嚢殻が出来ています。

■Akanthomyces tuberculatus (スズメガタケ)

■ 2018年12月22日 撮影

実は以前地元でも発見していましたが、状態の良い子実体に出会えたので掲載決定です。 コチラはガガンボ氏が発見したもの。 小型のガの成虫に感染する気生型の冬虫夏草「雀蛾茸」です。 ガヤドリナガミノツブタケの未熟個体やアナモルフとされていますが、どうも後者のようですね。 子実体表面に分精子形成細胞が確認できたので、同一ページ内に載せることに。

あくまでもこの和名は通称であって、正式なものではないようです。 テレオモルフと分けるサイトの形式の関係上採用しました。 ガヤドリが小型のガに感染した場合、子嚢殻を形成せずに分生子での繁殖を行うようです。


■ 2018年12月22日 撮影

拡大してみました。宿主は木の幹に貼り付いたヤガやハマキガのような小型のガの成虫。 そこから薄黄色の細長い棒状の子実体を無数に生じています。 テレオモルフのガヤドリナガミノツブタケはこの表面に子嚢殻を作りますが、ガヤドリに比べると明らかに細いですね。 しかし以前観察したものはそのまま腐ちてしまいました。 未熟のまま成長できなかったのだと思っていましたが、ちゃんと活動してたんですね。

テレオモルフのガヤドリ自体が食用価値無しなのに、これだけ小さいなら当然食用価値無しでしょう。 大型のガヤドリと比べると中身もスカスカのことが多いようです。

■ 2018年12月22日 撮影

コチラは私が最初に発見した子実体。 環境的に気生型の冬虫夏草が出そうだなと木の幹を重点的に探していたら案の定見付かりました。 小型ですが暗色の幹に明色の子実体が付いているので比較的気付きやすいです。


■ 2018年12月23日 撮影

伸びている子実体を1本切り取って顕微鏡を用いて観察してみると・・・ビンゴ! 表面に分生子がビッシリ付いているのが分かりました。 確かにマクロレンズで撮影した段階でも表面が少しコナコナしてたんですよね。


■ 2018年12月23日 撮影

少し倍率を上げてみるとアナモルフであることが良く分かります。 と言うことはこの伸びている部分は分生子柄束と呼んだほうが良いのでしょうか。 もしかするとテレオモルフのガヤドリナガミノツブタケも冬場はアナモルフになってるのかな?


■ 2018年12月23日 撮影

低倍率では良く分からないので油浸対物レンズの出番です。 表面には分生子形成細胞がビッシリ並んでおり、その先端から分生子が連鎖するように形成されています。 連載しているのでフィアライドと呼んで良いかな?


■ 2018年12月23日 撮影

分かりやすいよう分生子形成細胞周辺を切り出してみました。 フィアライドは卵型で先端が尖っており、そこから数珠つなぎに分生子が形成されています。 生クリームのチューブで次々とひり出すように次々と分生子が作られていく感じなのでこんな感じで連鎖します。 このフィアライドの形状は確かにAkanthomyces属のものですね。


■ 2018年12月23日 撮影

分生子は不規則な楕円形で長さは4〜5μm。放出されても連鎖したままのものも多く見られます。 子嚢殻を作れない環境ではやっぱクローンで増えてるんですね。