■Amanita caesareoides (タマゴタケ)

■ 2014年09月15日 撮影

富士の亜高山帯で発見しました。今思うと幼少期に見た覚えが有ったり。
幼稚園児の頃でしょうか?今でも微かに記憶の片隅に残っています。
海外で「帝王のキノコ」とも呼ばれるセイヨウタマゴタケに近縁な種です。
柄のだんだら模様に大きな個体差が有りますが、全て同種とされています。

一緒に登ったお二人も見付けた時は一緒に大絶叫した超巨大な子実体です。
立派すぎて引っこ抜くのが勿体無く、放置しました。胞子飛ばしてね〜♪。

長らくタマゴタケの学名は海外種の「A.hemibapha」が当てられていました。
しかしこの種は日本国内には存在しない事が判明し、変更となりました。
ずっと放置していましたが学名一覧が更新されたため思い切って更新です。
本種はつぼの内部が黄色いと言う特徴が有り、判別に役立ちます。


■ 2014年09月15日 撮影

傘を拡大しました。成菌ではほぼまっ平らに開き、中央がやや盛り上がります。
傘の周囲には条線が有り、色は赤色ですが、成長と共に少しずつ退色します。
注目すべきは溝線の縮尺。見慣れてる人なら異様な大きさと分かるはず。


■ 2014年09月15日 撮影

やっぱり背の高いテングタケ科のキノコは見上げる構図が映えますね。

わざわざ語る必要も無いでしょうが美味な食菌です。恐らく最高峰でしょう。
料理の種類にもよりますが、味も香りも良く、揚げ物、汁物、何にでも合います。
傘も柄も食べられますが、つぼはぬっちょりしてて不快なので取り除きましょう。
ただここは国立公園内、採取して味見できなかったのが残念でなりません・・・。

■ 2008年09月15日 撮影

ブナの倒木の下に出た子実体。これが初発見でしたね。採れませんでしたが。
最初に発見したのが大台ヶ原なので、その後当分手が出せませんでしたから。

■ 2008年09月15日 撮影

成菌です。ササの茂るブナの単生林内に数株距離を開けて発生していました。
猛毒種が多いテングタケ科の中に有って、極めて美味とは不思議なモノです。
低地で見るヤツとは異なり、柄に強烈なだんだら模様が存在しません。


■ 2008年09月15日 撮影

やはり中央部の赤と周辺部の黄色と赤の放射状ストライプは見事ですねぇ。


■ 2008年09月15日 撮影

引っこ抜くワケには行かないので、頑張って湿った地面に這いつくばりましたよ・・・。
裏側です。ひだは黄色。柄に模様は無く、橙色のつばが中程やや上に残ります。
この色合いのせいで毒キノコと思われがち。確かにベニテングタケに似てます。
しかしベニテングは傘は赤いものの、柄もひだも純白。カバノキ属樹下に生えます。
つまり知ってさえいれば間違う事なんて有り得ない、極めて安全な食菌なのです。

■ 2008年09月15日 撮影

何と言う愛らしさ・・・。食べたかったがここはぐっと我慢です。別の場所探そう・・・。
傘は鮮やかな赤色、柄は鮮やかな黄色なのに、つぼだけ白色なのが何か不思議。
言われて気付きましたが、柄に模様を持つタイプとは違いつぼの内側が黄色い

■ 2008年09月15日 撮影

これが和名「卵茸」由来となった幼菌の姿。色はさておき見事なタマゴ型
幼いキノコには可哀想ですが、これくらいがぶっちゃけ食べ頃ですねぇ。

■ 2009年07月24日 撮影

遠いわ〜!!!この前は道路脇に生えてたので撮影しやすかったんですが・・・。
今回は発生量が少ない上に、道路近くの個体は痛みが激しくて撮影は断念。
仕方無いので三脚を立てて手ブレを入れないようタイマー設定して撮りました。
やっぱり綺麗ですね〜。でもこの姿から「タマゴ」は連想できないなぁ。

■ 2010年07月17日 撮影

この日は毎年道際に出るはずのタマゴタケが全然出てない!大不作でした。
良い裏側が撮れていないので近くで撮影したかったんですが・・・残念です。
諦めて歩みを進めていると、遊歩道の最後辺りで1株だけ手の届く距離に!!!
残念ながら幼菌でひだの撮影はできませんでしたが、嬉しいプレゼントでした。

■ 2013年10月05日 撮影

今までは国立公園内でしか発見できておらず、ずっと採取が叶わなかった本種。
だが今回は堂々と採取可能な富士山!やっとこう言う写真が撮れました!
食べようと思ったんですが、この周囲はシカの糞だらけで断念しましたが。


■ 2013年10月05日 撮影

初!裏返してみました!ひだの黄色と柄のダンダラ模様が良く分かります。
どうも針葉樹林帯の柄に模様の無いタイプは別種との説が有力みたいです。
まだ正確な情報が得られていないので、もうしばらくこの形で掲載します。

■ 2013年10月05日 撮影

食べ頃の綺麗な個体が2つ有ったので、持ち帰ってフライにし実食してみました。
ハッキリ言って激ウマです。衣付けて揚げたんですが、凄まじい旨味です。
人工甘味料無しの醤油のみの味付けでしたが、口の中に広がる味はもう最高!
家族にも大好評であっと言う間に売り切れてしまいました。噂は真であった。

■ 2014年08月30日 撮影

幼菌でも頭さえ出していればすぐに見付かりますね。やっぱり可愛い♪

■ 2014年08月30日 撮影

確かに亜高山帯針葉樹林に多く見られるタマゴタケはだんだら模様が少ない。
かつてセイヨウタマゴタケタイプと呼ばれてましたが、納得の種小名です。
低地であまり見かけない地域に住む私としてはむしろ見慣れた姿なのですが。

■ 2014年09月15日 撮影

実はここまでだんだら模様がハッキリ出た子実体を見たのは初めて!
私の地域はタマゴタケが極端に少なく、今まで見たのはほとんどが高地。
そのため柄に模様が少ないタイプばかりを見ていてそれに慣れていました。
なので低地のブナ林でコイツを見た時の衝撃はハンパなかったですね。

■ 2016年09月02日 撮影

八丈島での冬虫夏草ツアー中に車中から発見した立派な子実体です。
柄の色が濃く、まさかフチドリタマゴタケ?とか思いましたが違いました。
八丈島にも居るんですね。どう言う経路で侵入して来たんでしょうか?

■ 2016年09月25日 撮影

八丈島でその姿を見てから富士山でこの姿を見ると印象も違ってきますね。

■ 2016年09月25日 撮影

緑のコケに覆われたタマゴタケ、赤と緑のコントラストが実に美しいです。
富士山は地衣類クラスタにも人気が高く、地表の雰囲気自体レベルが高い!
ただ地衣や堆積物の層が厚いので白いつぼが見えにくいのは欠点ですね。