■Amanita ceciliae (テングツルタケ)

■ 2006年07月11日 撮影

林道のような場所を歩いている最中に発見。すらりとした姿は優雅さすら漂う。
結構大きく見えますが、高さは15cm程度です。意外に小柄な「天狗鶴茸」です。
灰黒色の粉状のつぼの破片が傘の上に残る、傘の周囲に条線が入る。
柄が灰色の粉を噴いてる、などなど、非常に同定しやすい特徴を持っています。
ちなみに左下に何か変な菌が居ますが、恐らくウマノケタケの幼菌でしょう。


■ 2006年07月11日 撮影

これは裏面。いかにもテングタケ科って感じ。つばは無いから和名に「ツルタケ」。

姿は清楚で美しかれど、まぁ当然ですが毒キノコです。まぁAmanitaですしね。
食べると胃腸系の中毒を起こしますが、テングタケ科毒茸の中では弱い方みたいです。
致死性ではありませんが、見付けても採らずにその綺麗な立ち姿を見るだけにしましょ。

■ 2008年06月28日 撮影

キノコは人間生活の場に如何に身近かが分かる画像。奥は民家です。
普通に道を歩いているだけで気付く距離。こんな場所にも見慣れないキノコ。
これだからキノコ探しは止められない!相変わらずお美しい立ち姿で・・・。

■ 2009年07月18日 撮影

原点回帰。私がキノコに興味を持つキッカケとなった場所に帰りました。
ここでこのキノコを見た時から全てが始まったんですよね。懐かしい感じです。
3年前のこの場所。また本種が出迎えてくれました。まだ生えていてありがとう。

■ 2010年06月27日 撮影

あまりにも良い雰囲気だったので、気付いたら夢中で撮影していました。
雑木林からスギの植林へ切り替わるジャスト境目に数株スラリとした個体が。
薄暗い森の中で何故かそこにだけをスポットライトのように照らす木漏れ日が。
まるで「もっと見て」と言っているような気がしました。自然には敵わないなぁ。

■ 2013年06月30日 撮影

あまり綺麗な個体に出会えない本種。私がキノコに興味持ったキッカケなのにね。
ですが久々にハッとする個体に出会えました。やはりこの立ち姿は美しい!
本種は撮影日を見れば分かりますが、不思議と6月〜7月の発見が多いですね。

■ 2014年07月08日 撮影

やはりコイツは顔を出すのが早いです。Amanitaの季節を告げるAmanitaか?
■図鑑TOPへ戻る