■Amanita fuliginea (クロタマゴテングタケ)

■ 2007年08月05日 撮影

雑木林の中で発見!滝が近かったのでかなり高湿度で薄暗い場所でした。
図鑑で見て想像していた大きさよりもずっと小さい「黒卵天狗茸」です。
傘の表面の黒い繊維状の模様と柄の模様が本種の最大の特徴でしょう。
ネットで調べても写真が全体的に少ないです。意外と珍しいキノコなのか?


■ 2007年08月05日 撮影

雑木林の中で発見!滝が近かったのでかなり湿度の高い場所でした。
前回に比べると遥かに状態が良いです。でもやっぱり小型です。
周囲にも数株、傷の無い美しい個体が複数。本日唯一の収穫でした。


■ 2007年08月05日 撮影

本種は立ち姿が美しい種でもあります。テングタケ科らしさバクハツです。
基部には白いつぼ、柄にはだんだら模様、柄の上部にはつば

致命的な猛毒菌ですので見付けても絶対に食べないで下さい!!!
特に中国では多数の死亡例が有るそうです。致命的な毒成分を含みます。
つぼとつばを持つテングタケ科菌には猛毒種が多く、本種も例外に非ず。

■ 2007年08月05日 撮影

うわぁ・・・これは萌えだわ・・・。黒っぽいボディに似合わぬ純白のつぼ。
テングタケの仲間特有の丸みを帯びた幼菌時の傘、この形が堪らなく好き。
周囲の厚い落葉を持ち上げ、力強く伸びていました。虫は食べるみたいね。

■ 2009年07月25日 撮影

今年は本種の当たり年(っつって良いのか?)のようで、綺麗な個体を沢山発見!
どうも他県でも同様のようで、日本中で人の目に付く場所に現れたようです。
照葉樹林を好むと言う記述が有りますが、確かに落葉はそんな感じですね。


■ 2009年07月25日 撮影

以前の写真はかなり薄暗い場所だったので、これが本来の色合いでしょうか?
褐色交じりの灰色と黒色のまだら模様と繊維模様、と言う哲学的な外見です。


■ 2009年07月25日 撮影

すらりと伸びた柄に基部の白いつぼと言うとても同定しやすい外見ですね。
似た名前の種にクロコタマゴテングタケが有りますが、こちらのひだは黄色。
柄のだんだら模様と柄の上部に付く白いつばが確認できれば本種でしょう。

■ 2009年07月25日 撮影

相変わらずテングタケ科の幼菌は愛らしいです。模様も成菌と同じですね。

■ 2009年07月25日 撮影

少し離れたフィールドに移動したのですが、ここでも大発生に出会えました。
急斜面なので一部しか撮影できませんでしたが、下の方にも多数発生してました。
傘の表面が見えてなくても、その小ささと柄の模様で大体本種だと分かりますね。
写真を整理してて、不思議とマツの周囲に多く出ている事に気付きました。

■ 2013年07月15日 撮影

今年は中々豊作だった本種。地味で小さくて見付けづらい割には頻繁に見ました。
ただ乾燥した日が続いたためか個体数は多くてもヒョロい個体が多かったですね。