■Amanita muscaria (ベニテングタケ)

■ 2013年10月05日 撮影

キノコを趣味にするなら会っておきたいですね。毒キノコと言えばこのイメージ!
カバノキ属やブナ、エゾマツ樹下に発生するメルヘンなキノコ「紅天狗茸」。
即ネタバレですが、毒キノコの代名詞とも呼べる知名度の高さを誇ります。
ただ菌根を作る樹木の違いで個体差が大きく、今後検討を要すと言われます。
実際ここ富士山の個体の多くはつぼの破片が黄色を帯びている事が多いです。

詳細は下で述べますが、真っ赤な傘に白いつぼの破片を散りばめる特徴的な姿。
まさにマ○オのパワーアップキノコそのもの。でも食べても大きくなりませんよ?

もう説明するのすらアホ臭いくらい超有名な毒キノコです。最早一般常識レベル。
毒成分はハエを殺す事に由来する神経毒のムスカリン。学名にも反映してますね。
胃腸系と神経系を起こし、腹痛や下痢に始まり、めまいや吐き気に襲われます。
しかし知名度に反して毒性は強くなく、死亡する事は極めて稀とされています。
逆にイボテン酸に強い旨味が有るのでダシに取ると言う方も稀に居られます。
また長野県の一部地域では塩蔵して食用とする習慣が有るんだそうで・・・。
むしろ本種を基準に「派手なキノコは毒」と言う迷信が生まれた事を呪うべきか。

■ 2009年09月05日 撮影

2009年度の目標はとしていたので発見できた時は大興奮だったのは良い思い出。
この日はあまり綺麗な個体は見れませんでしたが、それでも十分すぎる収穫です。


■ 2009年09月05日 撮影

傘は鮮赤色〜橙黄色で白色のつぼの破片を傘全体に散りばめるのが特徴です。
全体的にテングタケに雰囲気は似ますが、傘の色が決定的に違いますねー。
この姿は人々に古くから親しまれ、海外では「幸福のシンボル」とされています。
確かにこの姿は愛らしいと感じますよね。ここまで愛される毒キノコもそうあるまい。


■ 2009年09月05日 撮影

裏側です。ひだも柄も白色。富士の個体は若干黄色みを帯びるようです。
柄には膜質のつば。つぼは無く、膨らんだ基部につぼの名残を残しています。
傘の白い破片が雨で流れるとタマゴタケとの区別が難しくなる事が有ります。
そんな時は傘より下の特徴と配色を見れば、同定は決して難しくありません。

■ 2013年10月05日 撮影

思い付きで突貫した富士山登山。雨の中早くから迎えてくれたのはやはり・・・。
目の前に細い葉が写り込んじゃったのが勿体無い!そんな綺麗な立ち姿です。

■ 2013年10月05日 撮影

雨でかなり傘が退色していますが、このような群生を道中多数発見しました。
この日はその後も大収穫となり、これら発見は前兆だったのかも知れません。
もう雨に濡れる事もサッパリ忘れ、夢中でシャッターを切っていましたね。


■ 2013年10月05日 撮影

裏返してみるとひだが柄に対し離生している様子が良く分かりますね。
傘が大きく開いているためで、普段はここまで見やすくはないかと。
ここまで離生してするとまるでひだが浮き上がったかのような見た目です。

■ 2013年10月05日 撮影

駐車場所に着くとこの日一番の綺麗な群生がお出迎え。来た甲斐有りました!
麓で降っていた雨は目的地に付く頃には止み、最高のコンディションでした。
真っ赤な幼菌も可愛いですが、大きく開いた時のグラデーションもメルヘン♪

■ 2016年09月25日 撮影

ここ最近出会うのは幼菌ばかりで全然掲載してなかったんですよね・・・。

■ 2016年09月25日 撮影

実は今回の旅の目的の一つがベニテンでした。これには深いワケが有りました。
今回同行のガガンボさん、何故かいつ行っても出会えてなかったんですよ。
時期は合ってるハズなのに見付からなかったり、超幼菌ばかりだったりで。
念願の成菌に出会えて大興奮で写真を撮ってました。良かったね、ガガさん♪

■ 2016年09月25日 撮影

下山途中に出会えた理想的なベニテングタケ。やっぱコレですよねー!
でもやはりカバノキ樹下のヤツと比べて外皮膜が黄色く、傘も淡いです。
ただつばの端が黄色いのも結構可愛いなと個人的には思ってたりして。