■Amanita sp. (ハマクサギタマゴタケ)

■ 2008年09月14日 撮影

以前から生える場所は知ってたんですが、秋になってやっと良い個体が・・・。
いまだ扱いとしては仮称となっている新種?「浜臭木卵茸」です。
今までミヤマタマゴタケとして載せていましたが、確認が取れたため変更です。
ここはとある公園の駐車場の隅っこです。人通りまくりの住宅地内です。

傘の表面は淡い黄色で光沢が有り、膜質の大きなつばと基部のつぼを持ちます。
柄は白く、ややささくれるか模様無し。傘に白いつぼの破片が有る事が多いです。
色や形は猛毒御三家のタマゴテングタケに似ているように感じます。
ただ本種は傘の周囲にタマゴテングには無い条線がクッキリと見られます。

また本種は成菌になるにつれて独特の悪臭を放ち始めるのが特徴。
これがクマツヅラ科のハマクサギの臭いに似ているのが名前の由来になります。
今まで何度も嗅いだ、独特の粉臭。気のせいではなかったのですねー。


■ 2008年09月14日 撮影

柄は模様が有りませんが、中には若干ササクレ模様を持つ場合も有ります。
つばは大型で膜質。良く見ると二重になっているのが分かります。
基部にはかなり大型のつぼが有り、これも二重になってるそうです。
いかにもテングタケ科って感じで、一ヶ所に沢山出るので見てて楽しいです。

現在の所は食毒不明となってますが、猛毒菌の可能性も捨て切れません。
何せテングタケ科ですので、正式な報告が出るまでは食べない方が堅実でしょう。
一応タマゴタケに近い種となっているので、食べれる可能性も有る訳ですが。

■ 2006年07月11日 撮影

写真見落としていました。11日の段階では不明種として整理していました。
梅雨時は色褪せてしまう個体が多かったのですが、少ない晴れ間のお陰です。
テングタケ科キノコってのは毒の有無に関わらず魅力的です。

■ 2007年07月04日 撮影

大量発生にもホドが有るだろう?一ヶ所から大量に出過ぎです。
本種はこう言う個体群を見かける事が多いような気がします。そう言う種?
地面を持ち上げて生えているのを見ると力強さを感じてしまいますね。
何度も見た事が有る種ですが、こんな株を見るとコーフンしますぜ。

■ 2007年07月08日 撮影

これが本来の「タマゴ」の色ですね。湿時は色が褪せるみたいです。
にしても大きいなぁ・・・。タマゴタケ級に美味しかったら良いなぁ。
まだ食毒不明のままなんですかね?タマゴタケに近いそうですが・・・。

■ 2008年09月14日 撮影

遠くから見ると良い感じに菌輪を描いていました。

■ 2008年09月14日 撮影

この柔らかな色合いが大好きですね♪どう表現したら良いんだろうこの色合い。
蚊が多い時期に発生するため撮影は一苦労ですが、見逃すワケには行かないキノコ。
つぼの破片が独特で、傘に白くぶ厚いつぼの破片が乗った個体は興味深いです。

■ 2009年07月19日 撮影

もう出会うのがアタリマエとなったハマクサさん。今年はちょっと少なかったかな?
本来発生するハズの時期の天候が微妙だったからでしょうか・・・?

■ 2010年07月10日 撮影

今年の梅雨は晴れと雨のバランスが良かったのか、綺麗な個体が見れました。
あまり立ち寄る事ができませんでしたが、この姿を見る限り安泰のようです。
ローアングルだと二重のつばが見えますね。つばの中にまたつばが有ります。
純白ではなくアイボリーホワイトなのがまた他の種とは違ってて良いですね。

■ 2011年09月18日 撮影

今年も綺麗な個体群を目にする事ができました。いまだ学名が無いのが不思議です。
せっかくカメラ買い換えたのに直射日光が強すぎてほとんどの写真がボツでした。

■ 2011年09月18日 撮影

1本だけで生えてる事が少ないキノコみたいですね。寂しがり屋さんかな?
奥の個体群の方が立派でしたが、ピントが合ってる写真が有りませんでした。
香りを嗅ぐと確かに独特な香りですが、そもそもハマクサギが分からんわ!

■ 2013年09月20日 撮影

発生環境的なものですがどんぐりに囲まれてて微笑ましかった一枚です。
最近人的被害(蹴り倒し)が激化し、綺麗な個体に出会えなくなって来た気が。

■ 2015年07月11日 撮影

今年は上手い事子供達の蹴り倒し被害を避けて道から離れて発生していました。
やはり本種の最大の特徴と言うかチャームポイントはつぼのツギハギ模様だ。
ミヤマタマゴタケと同種とされますが、あのつぼは真っ白でボサボサですし。

■ 2015年07月11日 撮影

かなり立派な子実体を発見!やはりこのアイボリーカラーは印象的ですね。