■Amanita spreta (ツルタケダマシ)

■ 2009年07月24日 撮影

意外な事に初発見です。ブナ林の中に少し雰囲気が違うAmanitaを発見。
直前にタマゴテングタケモドキを見ていたので、危うくスルーするトコだった。
傘の色合いに違和感を感じ、立ち止まって裏側を見ると・・・。本種でした!
「騙」と有りますが、ツルタケとはつばの有無や色合い等、結構違います。


■ 2009年07月24日 撮影

傘は淡い褐色で周囲には条線が有り、中央部のみ濃い色になります。
まず外見的に色合いが淡く、赤っぽさがあまり無いのが本種の第一印象。
またアカハに比べて背が低い事が多いようで、ずんぐりしているように見えます。


■ 2009年07月24日 撮影

アカハとの最大の違い、それはひだに赤みが差さないという事です。
と言うかこの確認を怠ると後で写真のみで同定するのはまず不可能でしょう。
柄につば、基部につぼが有るのは共通ですので、裏側は撮っておきましょう。
引っこ抜けなかったのでつぼは写せませんでしたが、ちゃんと有りましたよ〜。

当然ですが毒キノコです。そこそこ毒性も強く、胃腸系の中毒を起こします。
と言うかアマニタトキシン類を有しますので、重篤な症状を引き起こす可能性アリ。
つばが落ちるとツルタケに似て来るので、同定は慎重に行うべきでしょうね。

■ 2009年07月24日 撮影

綺麗な個体を発見しました。タマゴテングタケモドキにクリソツですねぇ・・・。
ひだは光に透かすと当然赤っぽく見えるので、本当は裏返すべきなのでしょうね。
区別点として、本種の傘は中央が膨らみ、モドキは凹む事が挙げられます。

■ 2010年07月17日 撮影

今年も出会う事ができました。2株が仲良さそうに寄り添って生えていました。
斜面に生えていたので角度的に裏側が撮影しやすかったので助かりましたー。
にしても条線が長いですねぇ・・・。中心から半分くらいまで有るかな?
裏側を見るとひだの色が白っぽかったですが、これ確認しないと判別不能ですね。

■ 2012年07月14日 撮影

場所的にタマゴテングタケモドキだと思ったんですが、つぼの雰囲気に違和感。
裏側を覗いてみるとやはりひだが白色だったので本種だと判明しました。
本種はひだの色を見なくても、つぼの形状、雰囲気で何となく区別できますね。
■図鑑TOPへ戻る