■Amanita sychnopyramis f. subannulata (テングタケダマシ)

■ 2015年07月11日 撮影

毎年同じ場所に小群生を作ります。小さいので見落とす事が多い「天狗茸騙」。
以前見たのは標高の高いカラマツ林でしたが、ここは低地の家から近い場所。
その名を見ても分かるようにテングタケのソックリさん。実に良く似ています。
小さい小さいと聞いていましたが、本当に小さく、傘の直径は5〜6cm程度です。


■ 2015年07月11日 撮影

傘は灰褐色で周囲には溝線が有ります。ここらは無印テングに似ています。
決定的な違いは傘表面のいぼが褐色を帯び錐形で尖っている事でしょう。
テングタケの外皮膜の破片は白色で色を帯びず、破片状で不規則な形状です。


■ 2015年07月11日 撮影

柄は短く基部が大きく膨らみ、つぼの破片が環状に残っている事が多いです。
また柄の途中に膜質のつばを持ちますが、脱落して無かったりしますね。

テングタケ同様、本種も毒キノコ。死亡例も有るそうで、注意が必要です。
ただ紛らわしいテングタケも毒キノコなのは既知の事実。間違う必要も有るまい。
ただかなり小型の菌なので採取対象にならないのか事故例はあまり聞きません。

■ 2010年07月18日 撮影

夕暮れで暗くなっていたので、色合いがやや侘しいのはご容赦下さいませ。
毎年同じ場所に決まって10株程度発生しており、出会うのは比較的容易。


■ 2010年07月18日 撮影

テングタケとの最大の違いは傘の白いつぼの破片の形状。本種はトゲ状です。
傘の色は褐色で中心に行くほど濃色になります。傘の周囲には条線が有ります。
雨が降っておらず、細かいつぼの破片が流されずに残った典型的な姿です。


■ 2010年07月18日 撮影

柄は白色で中程に白い膜質のつば。基部はボール状に膨らんでいます。
つばは膜質で脆く、柄のほぼ中央に申し訳程度に付いている事が多いですね。

■ 2014年07月08日 撮影

毎年観察会で訪れる林道脇の決まった場所に安定して発生するので助かります。


■ 2014年07月08日 撮影

まだ傘が開いたばかりの子実体です。つぼの破片がみずみずしい感じですね。
本種は傘表面以外は基本白色なのですが、このように全体が褐色の時も。
こうなるとかなり雰囲気が変わるので、尖ったつぼの破片で判断します。
■図鑑TOPへ戻る