■Astraeus sp. (ツチグリ)

■ 2007年10月27日 撮影

高原地帯をドライブ中に大雨に襲われ道路脇で車を停めて一休みと思ったら。
足元にワラワラ生えてました。キノコの少ない時期に見付けるとは思わなんだ。
流石は基本種の風格と言うか。かなり特徴的で間違える方が難しいキノコです。
調べてみましたが和名は「土栗」になるみたいです。外見が由来でしょうね。
「A. hygrometricus」と同種とされていましたが別種である事が判明しました。


■ 2007年10月27日 撮影

本種の特徴は何と言っても花弁のように裂けた独特な外皮でしょうね。
幼菌時は中央の球体を覆っており、熟すと7〜10枚くらいに裂けます。
空中湿度を感じ取って開くので「きのこの晴雨計」とも言うそうです。
結果、中央に胞子の入った丸い袋が有るような、独特な形状になります。
外皮の内側だった部分には白い破片状の模様が有るのも特徴の一つ。

見た目からも何となく分かるのですが、食不適です。まぁ分かりますね、コレは。
ただし中の白い外皮が裂ける前の個体は食用になるとの事。信じられませんが。

■ 2006年12月15日 撮影

同じ個体を乾燥時に木の枝で突付いてみました。出る出る。胞子が舞います。
胞子は茶色です。ノウタケとかホコリタケは黄土色なので少し違う雰囲気です。

■ 2009年07月11日 撮影

最初何なのかサッパリ分かりませんでしたが、どこかで見た記憶が有りました。
これ実は顔を出したばかりのツチグリの幼菌なんです。想像できます?
表面は茶色で、大きな鱗片が有るのでデコボコした印象を受けます。


■ 2009年07月11日 撮影

切断してみました。胞子が熟しているので内部は見事に真っ黒です。
このように地表に頭を出している時点で既に食用には手遅れです。
雨を感じ取って外皮を裂く準備が整っちゃっているワケですので。
食用にする場合はまだ地面に埋まっている幼菌を掘る必要が有ります。

■ 2009年07月11日 撮影

今はツチグリ最盛期なのでしょうか?色々なフィールドで幼菌を目にします。
幼菌は今まで一度も見た事無いのに・・・。注意するようになったのかな?

■ 2010年04月02日 撮影

道路脇に大量発生しているのを発見。土手に沿って10mくらい続いてました。
中には雨で流れて用水路の中に咲いているツチグリも有りましたね。


■ 2010年04月02日 撮影

まだ早春と言う事で大きさはそこそこでしたが、綺麗な個体が多かったです。
ここは歩道が無く、車しか通らないような道なので、人目に付かないようです。
まだ外皮が割れて間無しなんでしょうね。球体部分が白っぽい個体が多いです。

■ 2010年04月17日 撮影

湖畔にて数株群生しているのを発見しました。湖に落ちそうで恐かった・・・。
近くにアミガサタケも出てました。確かに発生時期が被ってますけどね。
高い山、都会の公園、砂礫の斜面に湖畔と、発生環境が多種多様ですね。

■ 2010年10月30日 撮影

静かな湖畔の森の陰にて発見。普通なら載せませんが、コイツは違った。
とにかく異常に大きいんです。今まで見た物と比べると2倍近く有るかも。
他に見た方も「オオツチグリ?」などと言ってました。個体差でしょうか?

■ 2013年10月27日 撮影

芦生原生林にて非常に美しい子実体に出会えました。力強い生え方ですね。
地面に埋まった状態で裂開したため、上手く包まれて内部が綺麗に残ってます。
ちなみにこの後雨が降ったもは言うまでもありません。やな予報士だ・・・。

■ 2014年06月08日 撮影

色合いは地味ですが、その不自然な形のせいで案外気付く事ができます。
この日はやや不作の観察会だったので、地味に嬉しい出会いだったりして。