■Boletellus mirabilis (オオキノボリイグチ)

■ 2014年08月30日 撮影

富士山の狩場入り口のコメツガ林にていきなり出迎えてくれた大物です!
和名「大木登猪口」・・・なのですがキノボリイグチとは属が異なります。
こんな外見ですがキクバナイグチ属。樹上性の亜高山帯系のイグチの一種。
何ともメルヘンな傘の持ち主で、イラストにも時たま登場する事も有ります。
ちなみに「mirabilis」は「驚異の」の意。確かに凄い傘の持ち主ですしね。


■ 2014年08月30日 撮影

傘は暗赤褐色で黄色い斑点が出来ると言う超印象的なカラーリング。
表面はビロード状で細かな鱗片が覆っており、ポフポフした触り心地です。
このような特徴の傘を持つキノコは国内じゃ本種だけでしょうね・・・。


■ 2014年08月30日 撮影

裏側です。管孔はオリーブ色がかった黄色で、擦るとからし色に変色します。
柄の上部は管孔と、下部は傘と同色。表面に強い網目を持っています。
また基部が大きく肥大し、成長しきったこの状態でも膨らみが確認できます。
この子実体も樹上生ですが本種は菌根菌で周囲の木にと共生しています。

外見的にそんな気がしませんが一応食菌です。食べれなさそうですけど。
同行したキノコ狩りの方も率先して採取。結構美味しいとの事でした。
ただ図鑑を見ても味に関して触れている物は少なく詳細は不明です。

■ 2013年10月05日 撮影

少し古いけど立派な個体を発見。この個体は完全に地面から発生しています。
腐朽材上に発生するのが和名の由来ですが、地面からも普通に出ていますね。
そもそも本種は針葉樹と共生している菌根菌なので当然の事なのですが。

■ 2014年08月30日 撮影

大きな立ち枯れの根本から細身だけど特徴が分かりやすいオオキノさんが!
傘が水で湿気っていますがビロード状のためこんな感じで粘性は有りません
柄は子実体によってかなり差が有りますが、基本は上部が淡色のようです。

■ 2014年08月30日 撮影

本種はあまり群れいない種だと思ってましたが、何故か大発生してました。
手前ほど老菌で、ムラサキヤマドリみたいに全体に色ムラが広がってます。
古い子実体は傘の周囲がめくれ上がり、裏側の管孔が大きく見えるように。

■ 2015年09月05日 撮影

富士山のコメツガ林なら当然のように生えている、そんな印象の本種です。
傘の模様が毎回違うので撮ってて飽きないですね。被写体として優秀です。

■ 2015年09月05日 撮影

アカネアミアシイグチのすぐ近くに生えていた非常に愛らしい子実体です。
恐らく宿主が同じなのでしょう。周囲の雰囲気も良く似ていますしね。
このフィールドでは本種はかなり普通に生えており相当な数を目にしました。

■ 2016年09月25日 撮影

今まであまり「木登り」らしい写真が無かったのでちゃんと撮りましたよー。
この木は普通に生きています。菌糸は幹に付いたコケの内部を進んだ模様。
コイツ自体は菌根菌なので栄養は地面の下で貰えば問題有りませんからね。