■Boletus kermesinus (アカネアミアシイグチ)

■ 2016年09月25日 撮影

もろぞーさんに同行させて頂き、ガガンボさんと富士山で出会う事いました。
以前から一部で「幻のイグチ」と囁かれてきた和名「茜網脚猪口」です。
長野や山梨のコメツガやシラビソ等の亜高山帯針葉樹林に発生します。
しかし発見は長野県や山梨県のかなり狭い範囲に限定されているようです。
ちなみに種小名の「kermesinus」は「カーミン紅色の」の意味を持つラテン語。

当サイト掲載段階で写真が記載された図鑑は1冊のみと言う知名度の低さ。
発生地域の狭さに加え発生量も少ないため、見れたら奇跡ってレベルですね。


■ 2016年09月25日 撮影

実は群生する事自体が稀で、案内して下さったもろぞーさんも驚いていました。


■ 2016年09月25日 撮影

傘は強い粘性のために光沢を持ち、色は見事な暗赤色。まるで血のよう。
ちなみに和名に有る「茜色」はPC的には「■ #9d2932」と表示されます。
また傘にオオキノボリイグチに似た淡色の斑点が出来るのも特徴ですね。
また傘の周辺部は脱色し白色っぽくなるため、縁取りが美しいです。


■ 2016年09月25日 撮影

本種の魅力はやっぱり裏側。管孔は黄色で孔口は暗赤色で青変性有り。
傘も裏側も赤いので裏返した時のインパクトはハンパじゃないですね。
ただこの写真では本種最大の特徴が解説しづらいので、下で改めて・・・。

そもそも発見難易度自体が極めて高く、情報不足で完璧に食毒不明です。
亜高山帯の針葉樹を宿主とする菌根菌のイグチは食も猛毒も存在します。
そもそもメチャクチャ貴重なキノコなので食べないであげて下さいね。

■ 2015年09月05日 撮影

もろぞーさんとオサダさんに同行させて頂き、富士山で初対面した子実体。
初見時の衝撃は尋常じゃなかったです。もう「言葉にできない」が流れます。
上でも書きましたが本種はこのように単生しているのが一般的です。


■ 2015年09月05日 撮影

傘です。写真でも粘性の高さが想像できるくらいにテカっていますね。


■ 2015年09月05日 撮影

名前に「ウラベニ」と入っていないのが不思議なくらいの赤い管孔です。
鮮やかな緑のコケの中に置くと色相環の反対側である赤は引き立ちます。


■ 2015年09月05日 撮影

しかし本種最大の特徴はこの独特な柄です。これは他に類を見ないですね。
柄は傘と同じ暗赤色で表面には暗色の網目が有ります。そう、初めは。
柄が伸びても表皮は不思議と伸びずにひび割れて柄の所々に残ります。
そのため赤い部分にのみ網目が有り、他は肉が露出するのです。
肉はやや黄色を帯びた白なので、柄が紅白で縁起が良い感じになります。
また柄の下部では色が淡くなり、基部には黄色の菌糸が見られます。

■ 2015年09月05日 撮影

幼菌です。この段階ではハナイグチっぽいですね。環境が全然違いますけど。
てかもうこの段階で柄に亀裂が入り始めてますね。不思議な性質ですね。

■ 2015年09月05日 撮影

本種は不思議と単生する事が多く、このような2本立ちでも結構レアです。
手練3人がかりで数時間かけて計4本しか発見できないくらい珍しいのです。
何とかこれを自力で見付けられた時は大歓喜でしたよ。貴重な経験でした。

■ 2016年09月25日 撮影

遠目にも分かる圧倒的違和感。この赤さはマムシグサの実の比じゃない。


■ 2016年09月25日 撮影

近付いてみると子実体単体としては過去最大サイズの立派なやつでした。
黄色い斑点の有る深紅の傘に赤と黄色のだんだら模様の柄、素晴らしい!
低地で見るどのイグチとも違うので「ここは日本か?」と思ってしまいます。


■ 2016年09月25日 撮影

変色性が有るならやはりやってみたい!て事で「アカネ」と書いてみました。
本種の青変性はかなり強く、指で軽く擦るだけで瞬時に変色を起こします。
ただ管孔部が赤色なので青と混じって黒に近い色合いになりますけど。
それにしても毎度毎度トビムシに集られてますね。好物なんでしょうか?