■Boletus reticulatus (ヤマドリタケモドキ)

■ 2009年07月05日 撮影

自然公園をカメラ片手に歩いていてふと見ると広場の隅に明らかに妙な物が。 シイやカシの雑木林の斜面にボコボコ沸いていてホント驚きました。 和名は「山鳥茸擬」。欧州で著名な美味な食菌ヤマドリタケに極めて近縁なキノコです。 全体的に褐色系。傘の表面はビロード状で手触り最高!モフモフした見た目です。

ポルチーニ」と呼ばれることが多いですが、本来はヤマドリタケのみを指します。 一応本種も広義では含めますが、その価値は当然本家には劣ります。 また国産のヤマドリタケモドキは「B.reticulatus」ではない可能性が高いです。 そのためあくまでも広義ってことにしておきますね。


■ 2009年07月05日 撮影

裏側はこんな感じ。全体的に色的な派手さが無いのでやや上級者向け? 最大の特徴は、柄の下まで網目模様が有ること。肉眼でハッキリ分かります。 管孔部は幼菌の時は写真のような白色菌糸でふさがれているのも特徴でしょう。

大きくてちょっと不気味な印象ですが、そのお味は意外や意外! 様々な料理に利用できる優秀な食菌です。見かけによらないもので。 これだけ大きいのだからさぞ食い甲斐が有る事でしょうね〜。 海外ではセップ、ポルチーニ等と呼ばれ、市販もされる高級食材です。 私も調理して頂きましたが、味や食感はムラサキヤマドリタケに似てます。


■ 2009年07月05日 撮影

左に90度回してます。実際は斜面から真横に飛び出してました。 網目も良く出ていて、柄も太さが根元では4cm。見応え有りましたね〜。


■ 2009年07月05日 撮影

こんな感じでした。まだこれでも一部です。手前と奥にも結構出てました。 新鮮な個体も多かったので、ムラサキと混ぜてスパゲッティにして頂きました♪

■ 2007年07月13日 撮影

大きな木の根元で見落とすのが無理ってくらいに立派な子持ち株を発見! 濡れてはいますが、傘の水を弾くビロード感と柄の網目模様は健在です。 この付近一帯で良く見かけますが、少し離れると1株も見付からず。 どうやらこの木の周辺をテリトリーとして決めているようです。

■ 2007年09月24日 撮影

生えすぎです。しかもここゴミ捨て場の真横なんですよ。惜しいなァ。 もう少し場所が良ければ採って食うんだけど、流石に食欲が削がれる・・・。


■ 2007年09月24日 撮影

網目がハッキリ現れた個体を発見!こんな優秀な食菌を誰も採らないなんて。 でも確かに大型で土のような色、柄には見ようによっちゃキモい網目模様。 知らない人間は確実に取らないでしょうね。毒キノコの方が美味しそう。 でも私的にはラッキーな事。秋の味覚、楽しませて頂いています。

■ 2009年07月05日 撮影

おやぁ・・・?どこかで見たような場所だなぁ。さぁ〜て、どこだろう〜。 でも今回は3株がかたまって発生しているので写真の撮り甲斐が有りましたね。

■ 2009年07月11日 撮影

ちょっと離れた自然公園、その道すがら至る所にその姿を目にする事ができました。 好天に恵まれ、乾燥が進んでいましたが、そんなの御構い無しの元気なお姿。 ただ人が多い場所の運命か、蹴っ飛ばされたり踏まれたりと、美味な食材涙目です。

■ 2010年06月29日 撮影

走っている車の中からもハッキリと見えました。結構交通量の多い場所です。 雑木林を貫通させた道なので、周囲は良い感じの雑木に面した斜面です。 車を停める場所がない一本道なので遠くに停めて熱い中歩きました・・・。 管孔が熟したため白色菌糸が消え、黄色くなっているのが分かります。

■ 2010年06月29日 撮影

とても良い感じの個体を発見。色合いが実に美味しそうですねぇ。 ちなみにこのサイズにもなると確実に中にムシが居ます。賭けても良い。

■ 2010年09月26日 撮影

あきらめ半分で友人と向かった何時ものフィールド。7月に不作だった場所です。 9月末でもまだ雨が少なく、全体的にキノコが少なかったのは同じでした。 その中でも唯一見付けた立派なヤマドリタケモドキ。嬉しい出会いでしたね。 ただ中は虫のオンパレードで、断面見た瞬間に血の気が引きましたが。 キノコ自体が少ないこの年。キノコバエ達も必死なのでしょうね・・・。

■ 2010年10月16日 撮影

夏のキノコってイメージが有る本種ですが、大爆発したのは10月半ばでした。 この日歩いた山道は道沿いにかなりの発生が見られました。かなり遅いですね。 ちなみにこの個体は行きに撮影。帰りに見ると誰かに採取された後でした。

■ 2011年09月18日 撮影

今年は良い状態の本種に会えませんでしたが、ヘンなのには出会えました。 まるで植物で起きる帯化現象のように、個体全体的に帯状に伸びていました。 まぁキノコの場合は2個体が癒着したりもするので別段不思議は有りませんけどね。

■ 2012年09月15日 撮影

毎年良く見る本種ですが、ここ数年「大発生」的なのに出会えていませんね。 この日は日差しも強く本種の好きそうな気候だったのですが・・・1株のみです。 暑いのか傘の下でクモが涼んでますね。申し訳無いけど引っこ抜きますよー。


■ 2012年09月15日 撮影

日差しが強すぎてハレーション起こしてたので日陰に逃げ込んで撮影しました。 管孔が白色菌糸に塞がれて孔が見えないのは本種と近縁種ならではですね。 立派な個体だったのですが、恐る恐る根本を切ってみると断面は虫食いだらけ!

■ 2013年06月30日 撮影

昨年はあまり調子が良くなかったモドキさんですが、今年は大爆発ですねぇ。 近所の公園で気持ち悪いくらい発生していて、しかも綺麗な個体ばかっし! 虫が入りやすい種なのですが、この個体群は断面が綺麗なのが多かったです。

■ 2013年09月09日 撮影

撮影してた時はそんな立派な個体じゃないし、気軽に撮影した一枚でした。 が帰宅して見てみると何か無駄に良い感じに渋く写ってたので採用です。

■ 2013年09月12日 撮影

葉っぱのサイズと比べれば分かるそのサイズ!この大きさは久々かもです。 初夏に大発生していましたが、やはり今年は本種の当たり年で確定ですね。 ただ流石は虫食い被害の常連のモドキさん。落ち着いて食える個体は皆無。

■ 2013年09月22日 撮影

見付けた時は思わず声が出ました。柄の太さが5cmも有る超大型個体です! 手前に落ちているどんぐりのサイズと比べるとその大きさが良く分かります。 ただ当然と言うか柄を触ったら明らかに内部は食われている感触でしたね。

■ 2014年07月12日 撮影

たまに本種にはこんな感じの傘のヤツが居ます。別種にしか見えませんわ。

■ 2014年07月12日 撮影

何か面白い生え方をしていました。観察会参加者の皆様も並んで撮影です。 まるで左のモドキに右のモドキが甘えているかのような構図ですね。 猫がゴロゴロ擦り寄ってきたり、電車で隣の人がもたれかかって来る的な。

■ 2016年09月10日 撮影

正直最近は見慣れ過ぎて撮影の手間を惜しんでしまう事が多いモドキさん。 久々に綺麗な子実体が有ったので撮影です。慣れって怖いモノですね・・・。

■ 2018年08月25日 撮影

記録的な猛暑となった2018年。雨の少なさもあって本来出るはずの第一弾7月には影も形もなし。 やや気温が下がり雨が降るようになった8月後半になってようやく撮影できそうな子実体を見ました。 と言っても見られたのは2株だけ。水の大切さを思い知りました。

■ 2018年09月09日 撮影

あまりにも美しかったので思わずTOP絵に差し替えようかと悩みました。 ただ場所が大台ヶ原で採取禁止のため裏側を綺麗に写すことができなかったので却下。 しかし本当に美しい。やはり亜高山帯で見る本種はまた一味違いますね。


■ 2018年09月09日 撮影

ヤバかったのは左上にチラッと写っていた若い子実体。見て下さい奥さん!この優雅な立ち姿! 傘の色合いも網目模様の入り方もパーフェクトですよ。 しかしヤマドリタケ属No.002や無印ヤマドリタケとは違って、濡れても傘が粘性を持たない様子が見て取れます。
■図鑑TOPへ戻る