★Boletus sp. (シロヤマドリタケ)

■ 2020年09月21日 撮影

初発見は2013年。それ以降何度も出会ってますが、中々綺麗な子実体に出会えませんでした。 あとは古いデジカメで撮影したものが多く、使い物にならない写真が多かったんですよね。 和名は「白山鳥茸」、しかもこの和名は「仮称」で、種小名も未決定です。 この和名は池田良幸氏仮称扱いとなっており、正式な決定が待たれます。 2020年更新の時点で掲載されている図鑑は国内では「北陸のきのこ図鑑」のみ? のワリにはウチの近所の雑木林では数ヶ所で確認したので分布は広いようです。

ヤマドリタケの白色品種である「B. edulis f. albus」とも異なります。 「ムラサキヤマドリタケを白くしたようなキノコだな」と初対面で漠然と思いました。 どうもその直感は間違いではなかったようで、近縁な可能性があるそうです。 アワタケヤドリにヤられた個体かと思いきや、肉質はしっかりしていてビックリします。


■ 2020年09月21日 撮影

傘はおろか柄も肉も真っ白の特徴的なイグチ。森の中で超目立ちます。 傘表面はつやは無く、傘の周囲はひび割れ、成長不良を起こしたような外見。 Web上で見る写真も多くが傘の形状が悪く、本種特有の現象と考えられます。 管孔は最初は白色で菌糸に覆われていますが、成熟すると黄土色になります。 柄は綺麗な白色で下方までしっかりとした隆起状の網目が走っています。

本来不明種なので食毒は書くべきではないですが、本種は美味な食菌なのだそうです。 実際図鑑中にも記述が見られますし、ぶっちゃけ身近に実際に食した方が居られます。 ただ同時に毒キノコと言うウワサもあります。 食すにせよホントに自己責任でお願いしますね。私は責任取れませんので。

■ 2013年07月15日 撮影

一番最初に出会ったのは2日前の7月13日でしたが、その時はボロボロで見るに堪えない子実体でした。 摘んだだけで傷付くなど、傘が奇形になるのも肉質が脆いのが原因ですね。 この柄の感じはヤマドリタケよりもムラサキヤマドリタケに似ています。


■ 2013年07月15日 撮影

引っこ抜く時に摘んだ部分の網目が潰れてしまいました。ヤワい・・・。


■ 2013年07月15日 撮影

表面だけではなく肉も白色で変色性はありません。 管孔は成熟すると黄色に変化し、覆っていた菌糸も消滅します。 ムラサキヤマドリタケなんかも幼菌時は白っぽかった管孔が黄色くなる点は同じですね。 これは覆っている菌糸が白いからではなく、管孔そのものの色が変化することで起こります。

■ 2013年09月22日 撮影

実況動画撮影中に見付けて喜びのあまり変なテンションになってしまいました。 念願のシロヤマドリタケの株立ちに出会うことができました。 本種は単生していることが多く、複数寄り添うこの姿はかなり貴重な上に見栄えが良いですね。


■ 2013年09月22日 撮影

勿体無いけど複数株あったので引っこ抜いて裏側をじっくり観察しました。 管孔はアイボリーで成熟すると黄土色になります。 また柄の網目もあったり無かったりで、柄の下部で網目の消失が顕著に見られます。

■ 2013年09月29日 撮影

同じ場所です。食毒は不明ですが個人的にはめっちゃ美味しそうに見えました。 これだけ柄が太いとさぞ食べ応えがあるんだろうなぁ・・・怖くて食えませんが。 右にも幼菌が見えてますし、このフィールドは安定して出そうな感じですね。


■ 2013年09月29日 撮影

柄を拡大してみました。真っ白に真っ白な網目なのであんま目立ちません。 良く見ると網目に少し色があるような気がしますが、やっぱり目立ちません。 でも真夏にこの白さは森の中ではかなーり目立ちます。

■ 2016年09月10日 撮影

毎年結構な数見てたハズなんですが、今年はコイツと幼菌が一つのみ。不作かしら。 ただTwitterでも発見報告がチラホラあるようで、知名度は上がってきた模様。 それにしてもこの白すぎるがゆえのハレーション、何とかならんものかしら。 ちなみにこの子実体、見ての通り柄の網目が弱いです。 ネット上でも網目がほとんど無いタイプが投稿されており、一応同種説が有力ではあります。

■ 2017年7月14日 撮影

本種が森の中で目立つ理由、それがコレです。すっげぇ目に留まります。 数十メートル先からでも気付けますからね。


■ 2017年7月14日 撮影

妙に背が低いなと思ったら柄が凄いアクロバティックに折れ曲がっていました。 実はイグチって良く柄が一度横に伸びてから上に向かうことがあるんですよね。 傾斜がある場所に出る時なんかになるみたいで、抜く時に苦労させられます。

■ 2020年09月21日 撮影

2020年はTOP写真になった子実体のように状態の良い被写体が多い当たり年でした。 この子実体は場所を覚えておいて、成熟した状態を観察することにしました。 それにしてもホントここだけバグったみたいな写真になりますね。


■ 2020年09月26日 撮影

5日後に撮影した同じ子実体です。かなり大きくなっていて驚きました。 でも一番驚いたのが管孔の色の変化でしたね。


■ 2020年09月26日 撮影

以外にもこれだけ見て来て完熟状態の子実体を見たことが一度もありませんでしたね。 アイボリーカラーだった管孔は見事に黄土色になっていました。 傘も柄も白いままなので違和感が凄まじいです。 この管孔の色もまたムラサキヤマドリタケに似てるなと思えますね。
■図鑑TOPへ戻る