■Ciboria shiraiana (キツネノワン)

■ 2012年04月17日 撮影

存在を知ってからずっと出会いたいと思っていたキボリアキンカクキン属の有名種。
春にクワの樹下にしか発生しない子嚢菌「狐椀」です。2012年の目標でした。
養蚕業が激減した現代日本では滅多に見る事ができなくなった貴重なキノコです。
人脈を使って1本だけ小学校の授業用に残されたクワに辿り着き発見できました。
全く同じ生態を持つキツネノヤリタケと発生時期が被り、共に見られる事も・・・。

直径は大きくても1cm程度。色は褐色で根本に柄を持つ椀形をしています。
柄は地下に潜り、基部には古いクワの実が変化した菌核と言う塊が有ります。

本種とキツネノヤリタケはクワの病害菌であり、クワの花期に雌花に感染します。
そして本来は黒く熟すハズの果実は熟さずに白化して地面に落ちてしまいます。
果実はそのまま菌に侵されて全体が菌核に変化し、そのまま冬を越します。
そしてまた春になると菌核から子実体を伸ばし、新たな雌花を目指します。

まず食べる人が居ないので食毒不明ですね。まぁ毒は無くてもマズいでしょう。
基本的に小型の碗形子嚢菌なんてまず食べれませんってか食べれても食べませんよ。


■ 2012年04月17日 撮影

ちなみにこんな感じです。草を退けるとウジャウジャ出てきてテンション上がりました。
むしろ驚いていたのは持ち主の方で「初めて知ったわー」と興奮しておいででした。

■ 2012年04月28日 撮影

発見から10日ほど経ちました。全体的に成熟した個体が目立ってきましたね。
クワの花が咲く時期だけしかキノコを形成しないため見れる期間が短いです。

■ 2012年04月28日 撮影

生態が分かりやすい個体をやっと発見できました。これぞキツネノワンの姿です。
子実体の下に見える青黒い凸凹した塊こそが菌核化したクワの実です。
地表に出ているクワの実からも出るので、この状態なら乾燥にも強いのでしょう。
ヤリにしてもそうですが、なぜこんな特異な生態を持つようになったのかね?

■ 2012年04月28日 撮影

一度クワと言う樹種を学んでおいて正解でした。人も通らぬ峠道でクワの巨木を発見。
遠目で見ても新芽の色合いで「あ、クワだ!」と分かるようになったのは成長ですね。
そこはワンパラダイス!有るわ有るわ、やはり発生数も範囲も低地とは別物です!
何より自然の中なので下草が少なく、写真を撮りやすかったのが嬉しかったですね。
でもこれで今後は毎年本種に会えますね。時期が低地よりかなり遅れてますが。

■ 2012年05月03日 撮影

最早見慣れたこの光景。不思議と3株まとまってる事が多いですね。

■ 2012年05月03日 撮影

深山のクワの樹下にやっとキツネノヤリタケが発生。ツーショット成功です。
片方しか出ないって可能性も有るのですが、不思議と両者揃って出てますね。
こんなに姿は違うのに生活リズムは同じだと言うから不思議ですよねぇ・・・。

■ 2012年06月05日 撮影

ワン発見の興奮から1ヶ月ほど経ちました。そんな時に時間差で以外な出会いが。
とあるお宅の庭に有る(多分)ブラックベリーの実がなんと真っ白になっていました!
これぞキツネノワンによるクワ菌核病。凄まじい感染規模で驚きましたね。
最盛期に鉢植えに2株だけ発生した痕跡を見付けていましたが、ここまでとは・・・。

■ 2013年03月24日 撮影

少し早めに訪れたいつものクワの樹下。まだ魅力的な椀は全然見当たりませんでした。
でも良い事も有りました。地面に転がっている古いクワの実をひっくり返すと・・・。
なんとキツネノワンの幼菌です。埋まってないのに出るとか強靭な種ですな。
かなり乾燥しているはずなのですが、やはり菌核は乾燥にめっぽう強いようですね。

■ 2013年04月13日 撮影

2013年は絶好調だったのが本種。色んな場所で出会う事ができ大満足でした。
発生時期に良い具合に雨が降ったので、コンディションの良い個体がいっぱい!
この後草刈りで一掃されましたが、ちゃんと生き残っているようで安心。


■ 2013年04月13日 撮影

掘り起こすとちゃんと黒い菌核が出て来ました。本当に地下の柄が長いですね。

■ 2013年04月13日 撮影

ちょっと面白かった一枚です。これだと「椀」と言うよりは「袋」に近いですね。
子嚢盤は大型になる個体でも最初は口が狭く、こんな外見になるみたいです。
袋の中に太陽の光が当たって透けて見え、とても良い被写体になってくれました。

■ 2013年04月13日 撮影

ここは標高の高い峠のクワの樹下。発生範囲が広い分、低地より密度は低いです。
ですがここの個体は美しい形状の物が多く、無理して上がってくる価値アリ!
この日はまだ早かったのか、相方のキツネノヤリタケの発生は見られませんでした。

■ 2013年05月03日 撮影

少し時期を外して標高の高い峠のクワの樹下まで来ました。良いコンビですね。
丁度この時期はお仲間のキツネノヤリタケも同時に見れるので絶好のチャンス!

■ 2014年04月05日 撮影

初めて本種を発見したクワの樹下に戻って来ました。また許可を得て畑の中へ。
もう畑の持ち主の方とは顔見知りになっちゃいましたね。菌が繋ぐ絆なのか。
まだ少し早いようで幼菌でしたね。でもちゃんと椀になりそうな形してる。

■ 2014年05月03日 撮影

道路工事中でいつもなら数分で行けるはずが20分以上かかってしまいました。
しかしお陰で今年も見事な大群生に出会いました。この峠は良い場所ですね。


■ 2014年05月03日 撮影

やはりここの群生は地面が草に覆われているので汚れず傷みが少ないです。
低地だと雑草で擦れたり雨での泥ハネで汚くなる事が多いですからねぇ・・・。
周囲にはワンほどではありませんがキツネノヤリタケも点在しています。

■ 2014年05月03日 撮影

綺麗な群生を発見!範囲的に1つの菌核から発生していると思われます。


■ 2014年05月18日 撮影

近所の公園でワンの大発生に出会ってから一週間後、見上げると有りました!
上空に明らかに変な色合いの感染したクワの実を発見。膨らんでますね。
ワンが肥大でヤリが縮小と聞きましたが、肥大性菌核病だからワンですね。
ただ文献や写真が少なく、もしかしたらこれが縮小性なのかも知れません。


■ 2014年05月18日 撮影

感染果実が手に届く場所に有ったので一つ採ってクワの葉に乗せてみました。
一つ一つが膨らんではち切れそうになってます。これが後に菌核化します。

■ 2016年05月04日 撮影

今年は季節的なものかも知れませんがあまり調子が良くなかったワンの方。
今まで見たような立派な群生も見られず、個人的にはちょっと残念でした。
しかも近所のクワの樹が切られたのでもう徒歩で見に行けないよう・・・。

■ 2016年05月04日 撮影

ちょっとホッとした一枚。仲良いね君ら。

■ 2017年04月30日 撮影

またキツネノヤリタケと一緒に出てるのかと思ったら・・・普通のキノコでした。
こうして見ると本種の基部に有るはかなりしっかりしているのが分かります。

■ 2017年04月30日 撮影

綺麗なワンを発見。この場所は沢筋なので地面が苔生していて美しいです。
これ撮影時は気付きませんでしたがヤリの幼菌が写り込んでるんですよね。
今年は雨が少なかったためか全体的に発生が遅れているように思います。

■ 2017年05月06日 撮影

個人的に大ヒットだった一枚。カエデの実生苗を傘にして生えていました。萌え