■Ciboria sp. (アケビタケ)

■ 2016年10月22日 撮影

イトヒキミジンアリタケの坪を訪れた際にふとアケビの落果を目にしました。
もしかして居るかな?と軽い気持ちで覗いてみたら本当に居てビックリ!
前年に落ちた各種アケビの果皮を菌核化して発生する「木通茸」です。
キツネノワンと同じキボリアキンカクキン属の子嚢菌類の一種だそうです。
しかしクワやハンノキ等に比べて知名度が低く、あまり知られていません。
ちなみに学名はまだ提唱段階。この和名もまだ仮称段階なので注意。

ここのはミツバアケビでした。当然ですがヤラセで横に置いてます。


■ 2016年10月22日 撮影

子実体は有柄椀形で暗赤褐色。赤さはモクレンのアイツの比じゃない。
かなりドギツイ色をしているので根本の黒い菌核との対比が見事です。
ただ古くなると赤みが失せて灰紫色に近くなり、全然印象が変わります。


■ 2016年10月22日 撮影

子実体の椀の外側が印象的で、何と赤い粗毛に覆われています。
キボリアキンカクキン属の外側ってもう少しのっぺりしてるんですけどね。
この属名も変更になる可能性が有ります。今後の研究が待たれます。

菌核は大きいですが子実体自体は極小。アケビ食った方が良いです。
しかし鮮やかな紫色の果実とのツーショットは実に写真映えしますね。
特定植物体で菌核を作るタイプの子嚢菌類好きなら押さえておきたい?

■ 2016年10月22日 撮影

コチラは少し離れた場所で発見した菌核。表面に無数の子実体が見えます。
周囲には古いアケビの果皮が多数転がっており、感染も起きていそうです。


■ 2016年10月22日 撮影

子実体は小型で新鮮ですが、色は赤っぽくなく灰紫褐色って感じです。


■ 2016年10月22日 撮影

菌核を観察してみました。本種はアケビの果皮をまるごと一個利用します。
カッターの刃が通らないほど硬いので手の力で一部引き裂いてみました。
アケビの果皮の形状をそのまま残して菌核化しており、内部は空洞です。
また果皮は劇的に縮んで菌核の厚みは全然有りません。干し肉みたい。
モクレンに例えれば、花弁をまるまる置き換えているような感じですね。

■ 2016年10月29日 撮影

本種の知名度が低い原因は恐らく「アケビに出るとは思えない」からかと。
確かに山を歩いてみても落ちた実は見ても観察しようと思いませんしね。


■ 2016年10月29日 撮影

比較的綺麗な子実体です。菌核から沢山子実体が出るって意外な印象。
培養する際は果糖を培地に加えるとすくすくと成長してくれるそうです。
キツネノワンでもそうですが、当分が大好きな甘党さんなんでしょうね♪