■Clavulinopsis miyabeana (ベニナギナタタケ)

■ 2014年09月07日 撮影

見落としてしまいそうなほど非常に小さな細いキノコ「紅薙刀茸」です。専用です
最大の特徴は細くて肉質が柔らかい事です。一ヶ所から複数本生えるのも特徴。
各種林内地上に発生し、良く周囲に同属菌を伴っている事が多いです。
ちなみに良くネットで芝生に生えるベニセンコウタケと混同されています。


■ 2014年09月07日 撮影

落ち葉の中から炎が上がっているみたい・・・。かなり印象的なキノコです。
全体的に赤系で鮮紅色ですが本種は色にかなりのヴァリエーション有り。
と言うか雨に打たれたり老菌になったりすると結構簡単に色が抜けます。
また外見的に似たベニセンコウタケは先端が丸いですが、本種は尖ります。

食えます。ウソだと思うでしょ?いやいや実は食えるんですよねコレ。
ただ味や香りが有るワケではなく、使えても色付け程度にしかならない模様。
雰囲気が良く似たキノコに、猛毒菌のが有りますが、見分けは簡単。
本種は肉質が柔らかくカエンタケは硬いです。後者は触れるのも危険ですが。

■ 2007年10月13日 撮影

薄暗い森の中でもコイツだけはハッキリ見えましたね。明らかに不自然な朱色。
曲がってはいますが、長さは7cmくらいは有ったんじゃないかな?
小さい個体ばかり見てきたので、このサイズでも結構大型なので感動します。
■図鑑TOPへ戻る