■Coltricia montagnei (ウズタケ)

■ 2012年09月02日 撮影

乾燥標本しか見た事が無かったため、群生地を発見した時は飛び上がりましたね。
地上に発生する柄を持つ硬質菌の一種、特徴的な裏側を持つその名も「渦茸」です。
すでに具が見えてますが、詳しい特徴は後述します。まさに名は体を表すですね。
実は極めて珍しい特徴を持つキノコであり、発生も比較的稀な貴重な種です。


■ 2012年09月02日 撮影

子実体全体はこま形で色は暗褐色。柄はややビロード状になっています。
傘の成長している周囲は色が淡く、成長し切った中央部はほぼ真っ黒です。


■ 2012年09月02日 撮影

しかしやはり本種の特徴はこの渦巻のようになっている同心円状のひだです。
繋がっているワケではないので正確には渦ではないんですが、納得の和名ですね。
ちなみにこのようなひだを持つのは我が国では本種とワヒダタケくらいのもの。
また部分的にひだ同士が結合し、管孔のようになる事もしばしば見られます。

オツネンタケ属の硬質菌なので硬くて食えたモンじゃないですよこんなの。
毒は無いみたいですが、そもそも非常に貴重なキノコなので食べないであげて!

■ 2013年09月23日 撮影

昨年と同じ場所を訪れてみると・・・やっぱり有りました!貴重な場所ですね。
上から見ても普通の硬質菌にしか見えないので、見落としそうで怖いです。
しかしこの個体は地面に生えており、下面が綺麗に撮れなかったのが惜しい。
■図鑑TOPへ戻る