■Coprinellus domesticus (コキララタケ)

■ 2014年06月16日 撮影

梅林で最初に発見したのはボロボロの子実体。やっとリベンジ叶いました。
夏に広葉樹落枝上に発生するキララタケの近縁種「小雲母茸」です。
一般的な種ですが、典型的な発生状況に出会うのは至難の業だったり。
やっと図鑑で見るような見事な姿を拝む事ができで大満足でしたよ。


■ 2014年06月16日 撮影

傘は黄褐色でヒトヨタケの仲間らしい釣鐘型。表面に大きな鱗片が有ります。
硬いように見えますが、これは粉末が固まった物で、触れるとポロポロ崩れます。
この鱗片が雲母に見えるとの事ですが、キララタケほど雲母ってないかな?


■ 2014年06月16日 撮影

裏側です。ひだは最初白色ですが、胞子が熟すとほぼ黒色に変化します。
柄は綺麗な白色。木材から発生するのですが、足元の様子が何か変です。


■ 2014年06月16日 撮影

最大の特徴はコレ。分かりますか?木の表面に不自然なオレンジ色の綿毛が。
これがコキララの最大の特徴。これはオゾニウムと言う菌糸マットなのです。
本種は何故か菌糸が朽木上に現れて来ると言う不思議な特徴を持っています。
周囲に散生する事が多いですが、調子が良いと材を覆い尽くします。

多少を毒素を持つ事が多いヒトヨタケの仲間ですが、本種は食用になります。
小型で食感があまり無いため、そのものを料理に用いるのはちょいと難しいです。
風味が良いので、スープ等に浮かせて彩りに使う事が一般的のようですね。

■ 2012年07月07日 撮影

これは以前見付けていた子実体。オゾニウムがあまり確認できませんでした。
本種は見付けてもこのような状態で居る事が多く、写真映えしないのですよ。
それでも周囲に少しオレンジ色の菌糸が見えてますね。分かりやすいヤツよ。


■ 2012年07月07日 撮影

ただし綺麗な裏の写真は撮ってました。若い内はひだも綺麗な白色です。
熟すと暗色になりますが、他のヒトヨタケの仲間と違ってあまり液化しません。
ただ全然しないワケではなく、古くなると少しとろけては来るみたいです。

■ 2015年07月11日 撮影

公園を歩いていて遠くからでもすぐに分かりました。木にオレンジの絨毯が。
こんな色の菌糸ハミ出してるようなキノコはコキララくらいしか居ませんし。