■Cordyceps militaris (サナギタケ)

■ 2013年09月07日 撮影

ブナ林の歩道の落葉から顔を出していた小さな、しかし目立つそのお姿。
冬虫夏草の代表格、鱗翅類のさなぎに寄生するその名もズバリ「蛹茸」。
地中のガのさなぎに寄生する事が多いです。掘ってみると良く分かります。
主な宿主はシャチホコガやブナノアオシャチホコが多いようですね。
またこんな名前ですがサナギだけでなく幼虫にも直接寄生したりします。


■ 2013年09月07日 撮影

掘り返すと葉に包まれたさなぎが出てきました。運の悪いヤツですね・・・。

子実体は棍棒状で全体的に橙黄色で、頭部と柄に分かれています。
頭部には胞子を飛ばす子嚢殻が有り、半埋没性なので飛び出しています。
上部のプチプチしている部分が飛び出した子嚢殻の先端部分になります。
本来頭部が少し太くなる事が多いのですが、この個体は同じ太さですね。

食用価値は無いですが、がんに有効とされるコルジセピンを含み薬用です。
そもそも物質名を見れば本属菌から採取された事が由来なのも納得。
漢方薬として商業的に価値が有るので、人工栽培も研究されています。

■ 2015年05月23日 撮影

らじかるさんにお誘いいただき、猫幸さんと一緒に高槻のフィールド散策!
事前に教えて頂いていましたが、ここはサナギタケパラダイスでした。
ちなみにこの写真、隠れてますが1つの宿主から3本の子実体が出てます。

■ 2015年05月23日 撮影

沢沿いの遊歩道斜面に数え切れないほどのサナギタケが!これがツボか。
表面に半裸生型の子嚢殻の先端部が見えています。やっぱ冬虫夏草は良い!

■ 2015年05月23日 撮影

掘り出してみました。宿主は中型のガの蛹。子実体が小型なのはそのせい?
小型のためか宿主の傷みが激しく、掘る際にほとんどがバラバラに・・・。
どうも他のキノコ同様に犯人はキノコバエのウジみたいですね。あの野郎!


■ 2015年05月23日 撮影

帰宅後クリーニングしてみました。右端のが上の写真の掘り出した奴です。
以前見た大型の蛹に発生した物と比べて宿主内部の劣化が激しいですね。
結実部の形状はほぼ球形の物から細長い棒状の物までバリエーション豊富。


■ 2015年05月23日 撮影

拡大すると子嚢殻が表面にビッシリ並んでいます。先端が色濃いですね。
上面に注目。子嚢殻の先端から何か化繊のホコリみたいなのが出ています。
これが本種の子嚢胞子。冬虫夏草の胞子は細長い物が大半です。
これが途中の節で細かく分かれて飛散し、新たな宿主に感染して行きます。

■ 2015年05月23日 撮影

あまりにも美しかったので思わずパシャリ。苔の間の鮮やかな結実部が綺麗!

■ 2015年09月15日 撮影

期せずして凄まじいサナギタケパラダイスに遭遇!少し歩けばサナギタケ!
全く期待していなかっただけに発見の喜びもまた一入。鮮やかで目立ちますね。

■ 2015年09月15日 撮影

大きな子実体のすぐ近くの倒木から奇妙な物が・・・これ冬虫夏草ですね。
しかし小さいし材から出ている・・・?もしやサナギタケではないのか?
と思ったんですが掘ったら普通に極小サナギ。材上生も有るのですね。

■ 2015年09月15日 撮影

同じ材から出ていたチビサナギタケ。小さいので子嚢殻の透明感がパない!


■ 2015年09月15日 撮影

ずっと見てみたかった複数の子実体が発生した宿主!念願が叶いました。
冬虫夏草は宿主の大きさによって発生規模があからさまに変化します。
大きな宿主ほど子実体を多数発生させる事が多いと経験則で感じます。


■ 2015年09月15日 撮影

掘ってみると宿主の入ったフワフワの繭が出て来ました。かなりの迫力ですね。
このような場合は菌糸が繭を貫通しており、クリーニング難易度が上がります。


■ 2015年09月15日 撮影

上に掲載した子実体の幾つかを持ち帰って掃除した後の様子がコチラです。
同じサナギタケでもこんなにも形状が違うと言うのは実に興味深いですね。
一番大きな宿主のものは繭と菌糸が一体化し完全除去は不可能でした。