■Cordyceps roseostromata (ベニイロクチキムシタケ)

■ 2015年09月22日 撮影

どろんこさん主催の富士山ブナ林観察会にて出会えた美しき紅色の宝石。
ゴミムシダマシ科の甲虫の幼虫を宿主とする冬虫夏草「紅色朽木虫茸」。
虫草屋のどろんこさんが超お気に入りと明言する意味、納得しました。
小型の種でありながら、冬虫夏草の中でも特に美しい子実体を形成します。


■ 2015年09月22日 撮影

宿主は普通、広葉樹の腐朽が進んだ材の中の比較的浅い場所に居ます。
そのためこのように宿主が最初から外部に露出している場合も有ります。
同じ材にクチキツトノミタケも発生していましたが、宿主が異なります。


■ 2015年09月22日 撮影

子実体をマクロレンズで拡大してみました。非常に鮮やかな色合いです。
柄は橙色で先端に子嚢殻を形成した明るい色の結実部を作ります。
子嚢殻は橙紅色で半裸生型。小型のためかなり透明感が有ります。
種小名の「roseo-」は「バラ色の」の意味ですが、実際はオレンジです。
くもの巣状の白いものは子嚢殻先端から噴出した子嚢胞子と思われます。
本種の子嚢胞子は糸状で、細かい二次胞子には分裂しづらいとされます。

極めて小型の種であり、目立った薬効も特に無いので食不適です。
子実体が乾燥しても美しいため、鑑賞用としての価値の方が高いかも?

■ 2015年09月22日 撮影

場所によってはこんな感じでかなりの高密度での発生が見られました。
不思議とコケの生えていない暗色に朽ちた材表面で多く見付かります。


■ 2015年09月22日 撮影

手前の子実体をピンセットで慎重に削ります。ウジムシがいっぱい・・・。
掘り返してみるとコミムシダマシの仲間の幼虫がひっくり返っていました。
今回は幼虫の尾部から集中して発生しています。まるで尻尾みたいです。


■ 2015年09月22日 撮影

本種最大の魅力はマクロ撮影やルーペ観察した時に感じ取る事ができます。
本種の子嚢殻は半裸生型と言われ、結実部からかなり露出しています。
また子嚢殻一つ一つが非常に細かいため透明感が他種とは別格なのです。
そのため光に透かすと結実部がキラキラと輝いており、まるで宝石のようです。
透明度の高い子嚢殻を持つ種は多いですが、この色合いは本種くらいでは?
子嚢殻が暗色だったり大型だったりする冬虫夏草では有り得ない光景ですね。
ちなみに子嚢殻がこれよりももっと荒く生成されるタイプも存在しています。

■ 2015年09月22日 撮影

恐らくこの日最大の子実体はコイツだったでしょう。掘るのが大変でした。


■ 2015年09月22日 撮影

材ごと綺麗に剥がしてみました。先ほどとは発生状況がかなり違いますね。
宿主が浅い場合は直接出ますが、深い場合は最初白色細根状になります。
菌糸の状態で材中を進み、外に出ると光を感じ(?)子実体を形成する模様。
巣穴の内部は菌糸で真っ白です。この後乾燥させて断面標本としました。