★Cordyceps tenuipes (ウスキサナギタケ)

■ 2019年07月06日 撮影

Hibagon氏主催の広島冬虫夏草オフにて遂に目にすることができました。 鱗翅類のサナギを宿主とする冬虫夏草「淡黄蛹茸」です。 実は非常に有名な冬虫夏草の完全世代なのですが、発見例がかなり少ないです。 自分もアナモルフは腐るほど見て来ましたが、本種はこの時が初見だったくらいですからね。 写真の個体のように完全世代と不完全世代が同時発生することもあります。

実は本種、あのフワフワで美しいハナサナギタケの完全世代なのです。 以前は学名が「Cordyceps takaomontana」でしたが、学名が統合される際に現在の学名に。 しかしハナサナギが普通種でどこでも見られるのに対し、本種は発見例が極めて少ないです。 ベテランの虫草屋をもってしても本種は「珍しい」部類に入るほど。


■ 2019年07月06日 撮影

子実体はサナギタケに似て棍棒状で、和名の通り淡黄色です。 成熟するとややオンレジ色っぽくなりますが、それでも本当に淡い色合いと言う印象。 子嚢殻は半裸生型ですが、サナギタケに比べると突出がより激しく見えます。


■ 2019年07月06日 撮影

引っこ抜いてみると地下から土繭が出てきました。


■ 2019年07月11日 撮影

帰宅後に数日置いて胞子噴出を待ちましたが、残念ながら胞子は見られませんでした。 顕微鏡で子嚢殻を潰しても見付からなかったので、胞子観察は不可能と判断。 クリーニングして標本にすることに決めました。 サナギを破ってみたら出て来たのは何とガの幼虫でした。


■ 2019年07月11日 撮影

テレオモルフの結実部を拡大してみました。 密閉容器内で追培養していたら柄の色がオレンジ色っぽくなっていました。 子嚢殻は半裸生型ですが、子嚢殻の密度が小さい場所ではほぼ裸生型になっています。 あと子嚢殻表面が毛羽立っていますが、これは菌糸が子嚢殻を覆っているからっぽいです。


■ 2019年07月11日 撮影

宿主を拡大してみました。かなり体表の黒いガの幼虫のようです。 サナギになるために地下に潜り、繭を作ったところで発症、絶命したようです。 もっとも栄養価が高い生育段階を狙われているのでしょうね。 やはり地面に降りたところで感染したのでしょうか。


■ 2019年07月11日 撮影

心残りは胞子観察ができなかったことです。 採取直後も、追培養後も、子嚢殻を潰して確認しましたが子嚢はスッカラカン。 時期が遅かったか、それとも子嚢胞子が成熟しなかったか、理由は分かりません。 本種の子嚢胞子は特徴的なヌンチャク型なので見てみたかったですね。 腹いせに子嚢殻と子嚢の長さだけ確認しておきました。

アナモルフのハナサナギタケは薬用として利用されていますが、本種はあまり名前を聞きません。 成分的には近そうですが、一応食用価値無しとしておきます。 発見例も少ないですし、普通に栽培するとアナモルフっちゃうから利用価値が低いのかな?

★Cordyceps tenuipes (ハナサナギタケ)

■ 2019年08月24日 撮影

針葉樹材の立ち枯れから白い花のようなものが出ているので意外と見付けやすかったです。 和名は「花蛹茸」。その名の通り花のような美しい子実体を形成します。 珍しそうに見えますが、実は一般的な種。鱗翅類のサナギに寄生します。 基本的には地面型ですが、このように朽木生型や寄生型のように振る舞うことも。

本種は前述の通りウスキサナギタケの無性世代に当たりますが、発生頻度は無性世代が圧倒的に上。 「テレオモルフ:アナモルフ」の発生比が「1:99」と言っても過言じゃないレベルです。 以前は学名が「Isaria japonia」でしたが、紆余曲折を経てこの学名に。 一応イサリア属自体は残っているのかな?とりあえず本種はこの学名に統一されました。


■ 2019年08月24日 撮影

子実体を拡大してみました。子実体は細くて樹枝状。色は薄黄色をしてます。 白い粉状の部分は分生子であり、このような子実体を分生子柄束と呼びます。 無性世代(アナモルフ)では子嚢胞子は形成されないので、子嚢殻は存在しません。


■ 2019年08月24日 撮影

樹皮を引っ剥がしてみると樹皮と材の隙間からサナギが出て来ました。 砕いた材を使って作られた繭のようですが、内部のサナギは完全に菌糸に覆われています。 大型のガのサナギの場合はこうはなりませんが、小型のガが宿主の場合はこんな感じになってますね。

冬虫夏草としても有名で、薬用として価値が高いキノコです。実は知名度高いです。 多くの冬虫夏草は薬用になりませんが、本種のようにガが宿主の種には薬用種が多いです。 シネンシストウチュウカソウやサナギタケがその代表例ですね。 本種は薬効成分を多く含み、栽培も容易なことから現在でも販売されています。

■ 2006年10月20日 撮影

初発見はキノコの趣味を初めてまだ数ヶ月の頃、秋深まる里山でした。 初心者でしたが冬虫夏草だと言うのはすぐに分かりました。 何気にセミタケに次いで人生で2番目に発見した冬虫夏草でした。


■ 2006年10月20日 撮影

今でも思い出すのが子実体の大きさでした。 実はこれ以降この子実体の大きさを超えるものには出会えていません。


■ 2006年10月20日 撮影

それもそのハズ、これ実はスズメガのような大型のガのサナギから発生していたのです。 でもこの当時はそんなことはつゆ知らず、思いっ切り手元にあった枝で掘り起こしてしまいました。 当然ながらギロチン。悔やんでも悔やみ切れない。


■ 2006年10月20日 撮影

途中で千切れてしまった分生子柄束です。地生型のものは掘るのが結構難しいですね。 掘っている間にも振動で白い分生子が煙のように飛び散るのが分かりました。 学名の「tenuipes」は「細い柄の」の意味。この柄のことなのかな?それともテレオモルフのこと?

■ 2017年07月14日 撮影

何と11年振りの新規写真追加。いや、今まで何度も見てるんですよ。何度も。 ただ見るたびにタイミングが悪くて綺麗な写真が全然撮れてないんですよ。 時間が無くて焦って撮ったらピンボケ、あるいは分岐が少なくてショボイ等。

■ 2018年07月15日 撮影

見慣れてるからって手を抜いちゃダメでしたね。 ガガさん主催の冬虫夏草オフにて久々にやや大型の発生状態に出会えました。 しかしカンプレー掘り後で気力がなく適当に撮ったのでピンボケで色調も何か変に・・・。


■ 2018年07月15日 撮影

大したこと無いだろうと思って引っこ抜いてみたら思いのほか立派で若干後悔。 しかし顕微鏡で観察したかったので持ち帰ることにしました。


■ 2018年07月17日 撮影

せめてものつぐないに帰宅後に綺麗にクリーニングして黒バック撮影してみました。 やたらと分生子柄束が分岐していますが、これは厚い落葉に埋もれていたためです。 そのため分岐しつつ地表を目指し、顔を出したところで分生子を形成したようです。


■ 2018年07月17日 撮影

分生子柄束の先端付近です。今回はこの白い部分を顕微鏡で観察してみました。


■ 2018年07月17日 撮影

アナモルフ菌類は水を弾くため水封すると気泡が入り観察のジャマとなります。 なので無水アルコールを滴下してカバーガラスを乗せると観察がしやすいですよ。

中心の太い部分が分生子柄束の先端部分、丸いポンポンが輪生したフィアライド、それが付いている細い柄が分生子柄です。 これ実際に見てみないと意外とどれがどれなのかピンと来ないんですよね。 アナモルフ菌類は基本この構造になっているので、しっかりと見ておきたかったんです。


■ 2018年07月17日 撮影

分生子柄をもう少し拡大してみました。これでもまだ分かりづらいかな?


■ 2018年07月17日 撮影

油浸対物レンズで拡大できるだけ拡大してみました。 このツンツンしたポンポンが輪生したフィアライドです。 この先端に分生子が形成されるので、担子菌類における担子器みたいなものだと思っとけばOKです。 類似種のコナサナギタケはこれが輪のようにならず樹枝状になるので本種との判別に使える情報です。 良く見るとフィアライドの先端に付いている分生子が写っています。


■ 2018年07月17日 撮影

これが分生子です。凄い量が放出されるので逆に観察が大変になります。 分生子は湾曲した円筒状と表現され、長さはまちまち。 フィアライド先端に連鎖して形成され、この写真でも連鎖したままの分生子がところどころに見られます。


■ 2018年07月17日 撮影

油浸対物レンズで観察しましたが・・・円筒形と言うより赤血球みたいに見えますけど・・・。 これは単に光の加減でそう見えるだけなのかな?
■図鑑TOPへ戻る