★Discina perlata (フクロシトネタケ)

■ 2015年04月18日 撮影

コイツをここに載せたくて顕微鏡に手を出したと言っても過言ではない!
春に各種腐朽材上に発生する椀形の子嚢菌類の一つ「袋褥茸」です。
「褥」は寝る時や座る時のしきものの意。大きく広がるのが由来ですね。

本種は同属のオオシトネタケと似すぎて肉眼での同定が不可能です。
図鑑の写真だけでの同定限界の代表種。胞子の検鏡が必須となります。


■ 2015年04月18日 撮影

子実体は全体に茶色で皿形。子実層面には細かなしわが寄っています。
極めて良く似たオオシトネタケと比べて色が明るく、しわも顕著のようです。
しかしこれらの肉眼的特徴は個体差でも有り得るので決め手に欠けます。

見分けがしづらい2種ですが、実はどっちも毒キノコなのでご安心を。
食べるだけが目的なら似たキノコを全スルーすれば事故する危険は無し!
嘔吐や下痢、腹痛の他にも神経系に作用すると思われる症状も出る模様。

■ 2015年04月18日 撮影

幼菌と裏側です。この若さならば普通にチャワンタケ系だと分かりますね。
裏側には一応柄が有るのですが、オオにも有るので参考にはならず・・・。

■ 2015年04月18日 撮影

異様に巨大な子実体を発見!これだけ大きければ胞子も成熟しているハズ。
胞子の検鏡と言ってもオオも本種も未熟な胞子には特徴が無いので注意。
しっかりと成熟した子嚢胞子を観察できなければ何の意味も有りません。


■ 2015年04月18日 撮影

実は昨年も同じ倒木で見たのですが、その時から色合いに違和感が。
別の場所で見るモノと比べてしわの感じや色合いが違うなぁ・・・と。
その後別のがオオと判明したので、じゃぁコイツはフクロじゃね?と。


■ 2015年04月18日 撮影

直感は大当たり!顕微鏡で観察してフクロシトネタケだと確認できました。
本種の胞子は楕円形で両端のくちばし状突起表面のいぼが特徴。
オオシトネタケでは両端に無数のとげを持ち、胞子表面は網目状です。
両種この図鑑に載せているので胞子の違いを見比べると面白いですよ?

■ 2015年04月18日 撮影

発生する樹種には諸説有りますが、経験的にはオオもフクロも針葉樹好き?
他の場所でも見るのですが、どちらもスギやヒノキの間伐材から出ています。

■ 2017年04月15日 撮影

毎年安定して発生する林道脇のスギ林を訪れると・・・ん?何か居るんですが。


■ 2017年04月15日 撮影

図鑑で見た事有りましたが、見事な袋形の子実体に出会う事ができました。
まぁそもそも「フクロ」が子実体由来の和名なのかも知らないんですけどね!
ちなみにこの状態でも胞子は観察できませんでした。オオよりかなり遅い。

■ 2017年04月22日 撮影

スギ材に発生していた子実体。幼菌の頃から観察し続け、この日ようやく採取。
実況一回ボツったのはコイツの胞子が成熟してなかったからです。畜生!
オオシトネは辛うじて特徴が出てたんですが、本種は子嚢胞子すら見えず。
一週間後にリベンジして無事観察する事ができました。手間取らされました。


■ 2017年04月22日 撮影

観察しやすいよう画像編集してみました。おお!いぼ状表面が良く分かる!
コレと比べるとやはりオオシトネは網目模様なんだなぁと納得できますね。

■ 2018年04月15日 撮影

ずっと雨が降っていなかったんですが、降ったとたんに一気に出始めました。
しかも天気が悪くて水分は豊富だったので妙に色白な美人さんを発見です。


■ 2018年05月05日 撮影

新しい顕微鏡で何としても胞子が見たくてアメジストの詐欺師氏オフにて再挑戦。
流石に20日も経つとボロボロでしたが、辛うじて綺麗な部分が残ってました。
顕微鏡で観察すると組織自体もかなり老成しています。でも胞子は見えそう!


■ 2018年05月05日 撮影

見えました・・・図鑑通りの疣状突起と両端の嘴状突起が目の前に・・・。
脳内補完で納得していたあの頃とは違います。確かな姿がそこに有りました。
先にオオシトネの胞子は見ていたので、これで両種撮り直しができました。
顕微鏡購入に踏み切ったキッカケのキノコでもあったので嬉しかったです。