■Dumontinia tuberosa (アネモネタマチャワンタケ)

■ 2015年04月11日 撮影

ず〜っと会いたいと思っていたキンカクキン科の「あねもね玉茶椀茸」です。
その名の通りキンポウゲ科イチリンソウ(Anemone)属の周辺に多数群生します。
園芸的にはデュモンティニア根腐病の原因菌として恐れられています。

本種に出会うため、そのためだけに1000m登ったとかどんなギャグだよ!
しかもこの時期の高い山とか他のキノコが無いからスカしたらオワリだった。
イチリンソウが咲くような山は基本手付かず。遭遇難易度が高いですね。


■ 2015年04月11日 撮影

子実体は椀形〜鉢型で暗肉桂色。子嚢盤の裏側には柄を持っています。
大きさはツバキキンカクチャワンタケよりも一回り大きい感じでしょうか?
ただ子嚢盤に厚みが有り、他のキンカクキン科の種より重厚感が有ります。


■ 2015年04月11日 撮影

掘り出してみました。地下には大きな黒い菌核が存在します。これが「タマ」。
これはイチリンソウ属の植物の根に感染し菌核に変化したものです。
上に見える花はキクザキイチゲかな?実はこの性質、かなり恐ろしいのです。

多くのキンカクキン科菌は花や実などの落下物を食べて菌核を残します。
よって菌に侵されても元の植物体にはこれと言って問題は有りません。
しかし本種は生きた根を食らうため植物は生きて行けなくなります。
そして翌年枯れた場所に無数のお茶椀が出て来ると言うワケです。
山野草を育てる方にとって本種は恐るべき病害菌。出たらオシマイです。

毒は無いみたいですが小型で食不適。嗅いでみたら土臭かったですね・・・。

■ 2015年04月11日 撮影

手前に見えるのがアネモネタマチャワンタケ。奥に見える白いのがアネモネ。
アネモネって言うと園芸品種の派手なのが思い出されるので新鮮な気持ち。

■ 2015年04月11日 撮影

せっかくなので持ち帰り、新しく買った顕微鏡のテストも兼ねて撮影しました。
細長いのが胞子を含んだ子嚢、内部の楕円形のが本種の胞子ですね。
まぁ本種の胞子って大きさ以外にあまり特徴が無いので見てみただけです。