■Galerina helvoliceps (ヒメアジロガサモドキ)

■ 2013年11月16日 撮影

竹林とスギ林の境目。朽ちたスギの倒木に発生している小さなキノコ。
和名「姫網代傘擬」。かの有名なコレラタケの近縁種とされ、姿も似ています。
外見的に似た種が多く、珍しく本種であると確認できたので掲載です。
ヒメアジロガサとは胞子の構造が異なりますが、肉眼での判別は激ムズ。


■ 2013年11月16日 撮影

様々な倒木に発生する小型菌で、傘の直径は大きくても2〜3cm程度。
傘は黄褐色で中央に突起を持ち、周囲には湿時、条線が現れます。
ただコレラタケもヒメアジロガサも突起が有るので決め手ではないです。


■ 2013年11月16日 撮影

裏返してみました。コレラタケを期待しましたがこの段階で可能性は消えました。
ひだは黄褐色で直生〜上生。コレラタケのひだはやや柄に垂生します。
また本種には本来、柄に貼り付くように膜質のつばが有ります。
この子実体では脱落していますが、柄の色の変わり目の部分がつばの位置。
柄の下方に白色繊維を持ちますが、コレラタケと比べると控え目です。

コレラタケの近縁種であり、致命的猛毒菌である可能性が極めて高いです。
まだ研究が進んでおらず、クエスチョンマークが付きますが、毒と思って下さい。
コレラタケ同様に内臓に致命的なダメージを与えると考えられますので注意です!

■図鑑TOPへ戻る