■Gliophorus laetus (ナナイロヌメリタケ)

■ 2016年09月22日 撮影

ソライロタケを探して青い物を探していた竹林内で見付けた青いキノコ。
しかしただの青ではなく赤や緑が入り交じる何とも幻想的な色合いです。
その名も「七色滑茸」。図鑑の写真が毎度違うので戸惑ってしまいます。
実際に本種の和名で検索すると画像検索が七色になるので面白い!
何せ種小名の「Laetus」は「輝く」や「鮮やかな色の」の意味ですしね。


■ 2016年09月22日 撮影

傘は中央部が凹み、縁部は厚みが無いので透けてひだが見えています。
注目すべきは傘の色。周辺部はライトブルーで中央はやや緑色を帯びます。
ただこの色は決定打にはなりません。それが本種が「七色」な理由です。
何と傘の色は橙褐、黄、ピンク、灰紫、オリーブ色と多種多様なのです。
確かにこの傘も周辺部は青く、傘中央部は赤みや緑っぽさが残っています。


■ 2016年09月22日 撮影

本種だと感じた最大の理由は裏返そうと柄を持った時の手触りでした。
強烈な粘性!まともに引き抜く事すらできないほどの「ヌメリ」です。
ひだは疎で柄に対して直生〜垂生し、ヌメリガサ科らしさを感じます。

比較的有毒種が少ない科および属ですが、本種に関しては食毒不明の模様。
ただ同属菌のワカクサタケから毒成分が検出されているので一応要注意です。
■図鑑TOPへ戻る