■Grifola frondosa (マイタケ)

■ 2008年09月28日 撮影

まさか出会えるとは・・・夢にも思わなかった幻のキノコ。感動でしたね。
やはりミズナラの倒木から生えていました。これが天然の「舞茸」です。
日本では少し深い山ならば容易に見付ける事ができた馴染み深い種でした。
しかし現在では天然モノとなるとまさに「幻」。レアさはハンパではないです。
場所は覚えましたので、また来年も訪れてみようかと思っています。


■ 2008年09月28日 撮影

暗い場所の上にデジカメの設定をミス。何とか画像処理でここまで回復しました。
スーパーで見かける姿そのものです。傘は灰褐色で不規則に枝分かれします。
この個体はやや生長が進んでしまっており、傘の先の表皮がひび割れています。


■ 2008年09月28日 撮影

裏側です。マイタケとしか言いようが有りません。見慣れた姿ですね。
手に取ると香る、強烈なキノコ臭。やはり天然マイタケの香りはハンパない!


■ 2008年09月28日 撮影

拡大してみると、やはりそこは硬質菌の仲間。裏側は管孔になっています。
普段我々が口にするマイタケは幼菌なのでここまで管孔が大きくありません。

もう語る必要も無いでしょうが、極めて美味な食菌です。これは有名ですねぇ。
食感も良く、味も香りも最高クラス!ありとあらゆる料理に相性の良さを発揮。
肉料理に使用すれば肉を柔らかくし、鍋や汁物に入れればその香りはそれはもう・・・。
自分は鍋にしましたが、多少先端は硬かったものの、文句無しの味でしたよー。