■Gymnosporangium asiaticum (ナシ赤星病菌)

■ 2014年06月20日 撮影

偶然お会いした被害に苦しむナシ農家さんの協力を得て遂に会合叶いました。
ナシの病害菌としては恐らく最も悪名高き「ナシ赤星病菌」の特徴的な症状。
実際に被害をお聞きする事ができ、とても貴重な経験をさせて頂きました。
当写真図鑑に初めて掲載された記念すべき植物寄生菌類の一種です。

実は本種には「ビャクシンさび病菌」と言う別名が存在します。
勿論原因菌はナシ赤星病菌と同じです。それには複雑な理由が有ります。

本種はナシの葉に感染すると最初は黄橙色の小さな斑点を作ります。
しかし病斑はどんどん大きくなり、その周囲は赤色を帯びてきます。
やがて病斑部の表面に精子器が無数に現れ、精子滴が分泌されます。
ここで受精が行われると雨の当たらない病斑部の裏側に異変が起きます。
受精はアリなどの昆虫に依存しているそう。どんだけ複雑な生態なんだ。


■ 2014年06月20日 撮影

なんと裏側から毛状体と言う筒状の糸のようなモノが伸びて来ます。
銹糸毛とも呼ばれるこれは筒状になっており、内部にはさび胞子がミッチリ。
ここから胞子が飛散する事で感染が拡大する・・・のですが・・・。

なんと本種はナシには直接感染せず、別の植物に感染すると言う行動に。
宿主はカイヅカイブキ等のビャクシン類。葉に感染して冬を越します。
そして春になると葉の表面に冬胞子堆と言う赤褐色の塊を形成します。
これが雨を吸うとゼラチン状になり、表面から担子胞子を飛ばします。
ナシの葉に付着した担子胞子は再度大きな被害をもたらすと言うワケ。

厄介なのは感染したビャクシン類は毎年冬胞子堆を形成すると言う事。
つまり感染したナシを消毒しても翌年また同じ事が起きてしまうのです。
病斑部は枯死するため、病斑が多い葉は落ち、最悪木そのものが枯死します。
根本的な解決には胞子飛散圏内のビャクシン類を全て抜くしか有りません。
ナシの名産地では条例でビャクシン類を栽培禁止にするほど危険なのです。

食用価値ナシどころか美味しいナシを枯らしてしまう超絶悪戯っ子です。
本種はナシの果実にも感染するため、そのナシの実はダメになります。
特にカイヅカイブキは園芸用で人気が有り、個人農家には悩みの種です。

■ 2014年06月20日 撮影

別の子実体です。この葉の赤さと形状が赤い星だからこの和名なのです。
植物寄生菌類の多くは子実体が地味だったり小さくて肉眼で見えなかったり。
しかし本種は病斑の色もですが毛状体が大型なので見栄えがしますね。

■ 2014年06月20日 撮影

ほぼ全段階を一枚の写真に収める事ができました。かなり酷い被害ですね。
来年春はこの周囲を歩き回ってビャクシンさび病の症状を撮りたいですね。
この段階で薬剤散布すればナシへの感染はある程度減らせるようですし。

■ 2015年04月10日 撮影

近所のカイヅカイブキの葉の途中に褐色の不思議な出来物が出来ていました。
前年にナシ赤星病を見てから、ずっと出会いたいと思っていた冬胞子堆です。
これぞビャクシンさび病の標徴。ナシ赤星病菌の別形態で同じ菌なのです。
これが雨水に触れると劇的な変化を起こします。撮るのに苦労しました。


■ 2015年04月15日 撮影

雨が続いた5日後。再度訪れてみると冬胞子堆はこんな姿になっていました。
これ同じ葉ですので、吸水によっていかに大きくなったかが良く分かります。
この時冬胞子堆では感染に向けた準備が始まっています。ここで顕微鏡の出番!

■ 2015年04月10日 撮影

標本を採取して顕微鏡で観察。これがビャクシンさび病菌の冬胞子です。
胞子と言っても単細胞ではなく2つの細胞がくっついた形状をしています。
ルーペを使えばギリギリで粒が見えるくらいの大きさが有ってビックリ。


■ 2015年04月10日 撮影

水を与えてしばらく放置した後、再度顕微鏡を除くと発芽管が伸びていました。
そして長く伸びた発芽管に細い枝分かれのような物が出来てきています。
これは発芽管が担子器に変化して胞子を作ろうとしている状態ですね。


■ 2015年04月10日 撮影

そして担子器の先端にとうとう担子胞子が作られました。準備完了です。
この担子胞子が飛散してナシの葉に付着し、あの病徴を引き起こします。
冬胞子→発芽管→担子器→担子胞子と有色部分の移動が確認できます。

■ 2015年04月15日 撮影

また別の冬胞子堆です。これだけ見ればキクラゲみたいなんですがねぇ・・・。