■Hygrocybe atroviridis (フカミドリヤマタケ)

■ 2016年07月16日 撮影

以前から「ヒスイガサ」と言う仮称でウワサにはなっていたキノコですね。
和名は「深緑山茸」ですが、この名前も現状ではまだ仮称段階です。
個人的にはヒスイガサの名に馴染みが有りますが、学名との整合性を優先。

と言うのも本種は芝生を好み、傘の形からも「山」を連想しづらいんです。
アカヤマタケ属ゆえの命名でしょうが、若草や緋色の前例も有りますし。
なので掲載はこの名前ですが、個人的にはヒスイガサを使う予定です。


■ 2016年07月16日 撮影

傘はやや青みを感じる異質な深緑色。粘性は弱く、吸水性が有ります。
乾燥すると「ス」が入って白い放射状の線が現れるのも本属らしい。
また厚みの無い傘周辺部は鮮やかな緑色になるため芝生でも目立ちます。


■ 2016年07月16日 撮影

ひっくり返してみました。幼菌の時は深緑すぎてむしろ黒く見えます。
柄は基部が白に近い緑色で、傘に近付くほど濃色へと変化します。
ひだはやや青みがかった緑色で極めて粗。何とも不思議なカラーリング。

バリバリの新種であり、現状では当然ながら食毒不明と言う扱いです。
ヌメリガサ科は食菌が多いですが、本属菌には有毒種も居るので注意。
まぁ小型で色もこんな感じなので食欲が沸く種では無いと思いますけど。

■ 2016年07月16日 撮影

幼菌が3株発生していました。木の葉を隠すなら森の中とはまさにこの事。
発生場所が整備された公園の芝生なので知らずに踏まれてそうですね。

■ 2016年07月16日 撮影

ピント合わせて撮ってるから分かりますが、現地ではマジで光学迷彩。
写真撮ろうとファインダー覗いたら見失ってしまうので妙に苦労しますね。
緑色の担子菌類は他にも有りますが、全体が緑なのはコイツくらいかな?

■ 2016年07月16日 撮影

個人的にお気に入りの一枚。本種の美しい緑色が伝われば良いな・・・。