■Hygrocybe conica (アカヤマタケ)

■ 2014年10月04日 撮影

意外にも富士山麓にて典型的な姿に出会いました。和名「赤山茸」です。
竹林、雑木林、草地、道端等々、生える所に拘りの無いオールラウンダー。
図鑑で見る典型的な姿に中々出会えず、今まで別種を掲載していました。
種小名は「円錐形の」の意味。道路に置くコーンも同じ由来ですから。


■ 2014年10月04日 撮影

和名に「山」と有るだけあって傘は山形。傘が開き切っても中央は突出します。
傘は繊維状で色には個体差が有り、橙色〜赤色とカラーバリエーション豊富。


■ 2014年10月04日 撮影

ひだは柄に対して離生します。色は淡黄色で周囲は傘の色を帯びています。
柄もまた繊維状で下方に太まり、色は傘と同色。少しねじれが加わってます。
また古くなるor傷付くと黒変する性質が有り、本種の同定に役立ちます。

一部で食用として用いられていますが、体質によっては中毒するそうです。
食用と言っても味や香りを楽しむのではなく、色彩を楽しむキノコのようですね。