■Hygrocybe punicea (ヒイロガサ)

■ 2006年09月15日 撮影

コケと落葉混じりの芝生の片隅にひっそりと、しかし美しく立っていました。
雨に降られて傘の縁がボロボロになっていた中で、唯一綺麗だった個体群。
夏〜秋にかけて草地に発生する和名「緋色傘」。まぁそのまんまですね。
ヌメリガサ科のキノコの中でも特に鮮やかな色彩を持つ種でもあります。

特徴的なのはこの血赤色の傘。周辺部はやや黄色っぽいです。
柄は橙黄色で赤い繊維状の紋様を持ちます。同定は比較的容易です。

こんな色ですが食べれます。味や香りではなく、色合いを楽しみます。
季節感を楽しむ、と言った方が良いかも知れませんね。食べるの勿体無いな。

■ 2006年09月15日 撮影

こちらはやや老成した個体。最終的に傘は中高の平らとなります。


■ 2006年09月15日 撮影

ごめん裏見せて?こんなに引っこ抜くのが辛い事も有るまいて・・・。
ひだは淡黄色で傘の赤さとは対照的。小さい個体なので赤さが残ってます。
ひだがもっと発達していれば薄い黄色なのがよく分かるんですけどね〜。
注目すべきは柄が強い繊維状な事。ここがベニヤマタケとの最大の違い。