★Hygrophorus russula (サクラシメジ)

■ 2007年11月09日 撮影

ブナの原生林を貫通する遊歩道で大群生を発見!震えましたね〜。
余裕で10cm超えてくる大型のキノコなので、暗い林内でも目立つ目立つ。
全体的に和名のとおりのサクラ色。独特な色合いを持つ「桜占地」です。
大きな菌輪を良く作る事で知られ、森の中に行列を作る事が多いです。
名前が名前なのでシメジ属かと思いきや、実はヌメリガサ属と縁遠いです。


■ 2007年11月09日 撮影

傘は赤ワイン色を帯び、中央は濃色、周辺部は白っぽくなります。
この個体には表面に濃色の鱗片のようなものが付着してます。
ただこれは個体差が有り、全く見られない個体がほとんどですね。


■ 2007年11月09日 撮影

若い内はひだは白色ですが、古くなると傘と同色のしみを生じます。
色の変化は柄も同じ。柄は結構硬くて、中は詰まってます。ボリューム満点!

やや苦みが有りますが、流石は「占地」と名が付くヤツ、美味な食菌です。
私も頂きましたが、歯ざわりが優れており、味も有って美味しかったですね。
加熱調理するとこの美しい桜色は消え、全体が黄〜オリーブ色に変化します。
柄もフツーに食べれますし、一株で結構ボリュームが有り、ありがたい存在。


■ 2007年11月09日 撮影

これは巨大な菌輪の一部。本種は極めて巨大な菌輪を作る事で有名。
各地に数多く存在する地方名の中にもこの特徴に由来する物が多いです。
例を挙げると「ヘイタイキノコ」や「ミネコシ」。マイナーだと「タニワタシ」。
ズラリと並んだ菌輪の一部が兵隊に見える、谷や峰をまたぐ、ためですね。

■ 2010年10月16日 撮影

久し振りに見れたと思ったら近所かつ何度も通った林道でした。灯台下暗し!
以前の場所はヤマビル発生に従い足が遠のいていたので嬉しかったです。
巨大な個体が広範囲に見られ、鍋用に〜と持ち帰る方も居られましたね。


■ 2010年10月16日 撮影

以前見た個体と比べるとひだがあまり傷んでいません。ひだはやや密です。
赤ワイン色のしみを生じる前はほぼ白色か、少し赤みが差す程度です。

■ 2011年10月01日 撮影

昨年はかなりの個体数が確認できた近所のフィールドですが、今年は不作かな?
数え切れないくらい生えてたんですが、今年はこいつを含めて3株程度でした。
雨に濡れて色素が溶け出し、赤い汁を垂らしていたのが印象的でしたね・・・。

■ 2011年10月10日 撮影

食べ頃の個体を発見!良く見ると小さなのが隣に居ますね。


■ 2011年10月10日 撮影

引っこ抜いてみました。ひだにシミが生じるのが特徴ですが、幼菌でも有るとは。
また触ってみると分かるのですが、肉が非常に硬い事に驚かされますよ。
肉質の硬さは図鑑でも触れられていますが、市販キノコに慣れてると新鮮。
■図鑑TOPへ戻る