★Hypsizigus marmoreus (ブナシメジ)

■ 2016年10月29日 撮影

初見は大台ヶ原でしたが、何と地元で発見!ブナ無いんだけど何故だろう? 地味なキノコですが、水気を帯びたブナの朽木を探せば見付けるのは容易。 スーパーでもお馴染み誰でも知ってる「橅占地」。「〜ホンシメジ」は嘘ですよ。 中々に気難しい性格で、家庭環境での栽培が極めて難しいのも特徴ですね。

と言うか最初はかなり白いのでシロタモギタケだと思って撮影しました。 しかし傘表面に特徴的な模様が有る事に気付き本種と判断しました。 ちょっと模様の入りが弱い気もしますが、まぁ違ったら違った時で。


■ 2016年10月29日 撮影

傘は灰褐色で成長すると白みを増し、表面に特有の大理石模様を持ちます。 柄は傘よりも薄い色合い。非常に強い香りを持ち、近くを通るだけで気付きます。 ひだは白色で極めて密。柄もしっかりしていますが可哀想で採らず・・・。

もう何も言う事は無いでしょう。美味な食菌ですよ。あまりにも有名ですね。 多くの食菌を抱えるキシメジ科シロタモギタケ属に属し、その味は折り紙つき。 味も香りも良いのですが柄のシャキシャキ感も申し分無し!鍋が良いです。

■ 2008年10月04日 撮影

大台ケ原を歩いていて見付けました。これが野生ブナシメジとの最初の出会い。 やはり知ってる食菌に出会えるのはキノコ屋としてはホント嬉しいですよね。

■ 2008年10月04日 撮影

近くに生えていた別個体。まだまだ幼菌ですね。でも模様は大理石!

■ 2008年10月04日 撮影

ブナの倒木に成菌を発見!スーパーじゃ見られない、傘が開いた姿です。 本種は成長とともに個体全体が白くなる事が普通。真っ白な個体も見られます。 表面も模様、分かりますか?水滴が付いたような独特の模様。見紛う事無き姿!


■ 2008年10月04日 撮影

これなら狙える裏側っ!地面に這いつくばりましたが・・・暗くて手ブレ。 柄は白色で少しカスリ模様が有ります。傘のワリに柄が太いですね。 これもボリュームを求められる食菌には欠かせない要素の一つなのでしょう。 柄が上ほど太いですね。市販品はヒョロいですが、野生はこう言う個体が多いです。

■ 2008年10月12日 撮影

上から落ちてきたのでしょうか?大きな落枝上に立派な成菌を発見!

■ 2008年10月12日 撮影

うん!間違い無くブナシメジだね!幼菌時は色が濃くてそれっぽいですわ。 ブナの立ち枯れの小さな裂け目に立派な個体を発見。普通に歩くと気付かない。 自分はコースを逆走する習性が有り、でないと木の陰で見付からなかったかと。 ちなみに写真を撮ろうと近付くと、臭いくらい強いキノコ臭。天然すげぇ。


■ 2008年10月12日 撮影

傘を拡大してみました。見よ!この立派な大理石模様!独特ですねぇ。 スーパーの株はこれくらい模様がクッキリ出ます。天然モノは薄い事が多いので。

■ 2018年10月07日 撮影

大台ヶ原にて久々の再会です。やはり最初に見た場所での再発見はテンション上がりますね。 ただ林道から遠く三脚を伸ばして無理やり撮影したのでコレが限界でした。 本当は手前のササの葉とかも退けたかったんですけど・・・。

■ 2018年10月07日 撮影

別の場所で撮影しやすい子実体が居たのでコチラはしっかりと撮影しました。 これも最初はシロタモギタケかと思いましたが、傘の中央にバッチリ大理石模様が見られます。 ブナシメジと言えばスーパーで見事な株立ちが売られていますが、野生だとこんな感じで点々と出ていることが多い印象です。
■図鑑TOPへ戻る