■Isaria japonica (ハナサナギタケ)

■ 2006年10月20日 撮影

秋深まる里山を歩いていて発見。冬虫夏草だと言うのはすぐに分かりました。
地面から白い花のようなものが出ているので意外と見付けやすいと思います。
和名は「花蛹茸」。その名の通り花のような美しい子実体を形成します。
珍しそうに見えますが、実は一般的な種。鱗翅類のサナギに寄生します。
まだキノコ趣味を始めた初期の発見で、乱暴に掘ったのは一生の不覚です。

実は冬虫夏草には有性世代と無性世代が存在する種が複数存在します。
前者を完全世代、後者を不完全世代と呼び、本種は不完全世代に当たります。
完全世代はウスキサナギタケと言い、子実体の形状も学名も異なる別種です。


■ 2006年10月20日 撮影

子実体を拡大してみました。分生子柄は細くて樹枝状。色は薄黄色をしてます。
白い粉状の部分は分生子であり、このような状態を分生子柄束と呼びます。
不完全世代(アナモルフ)では子嚢胞子は形成されず、子嚢殻は存在しません。


■ 2006年10月20日 撮影

掘り返してみると一目瞭然。地下からサナギが出て来ます。何か気持ち悪い。
体のあちこちから白色菌糸が飛び出しており、中は完全に乗っ取られてます。


■ 2006年10月20日 撮影

途中で千切れてしまいました。宿主が地中に有る種は掘るのが難しいです。
掘っている間にも振動で白い分生子が煙のように飛び散るのが分かりました。
学名の「tenuipes」は「細い柄の」の意味で、確かに納得のスマートさ。

冬虫夏草としても有名で、薬用として価値が高いキノコです。実は有名。
セミタケやクモタケは薬になりませんが、ガが宿主の種には薬用種が多いです。
本種は薬効成分を多く含み、栽培も容易な事から現在でも販売されています。