■Lactarius camphoratus (ニセヒメチチタケ)

■ 2008年04月25日 撮影

春の雑木林を散策中に見付けた小さな小さなベニタケ科のキノコの大群生。
斜面20mほどに渡っていたる所から顔を出していました。ぶっちゃけ異様な光景。
全体的に赤みが強く、表面がやや粉っぽいです。図鑑によっては載っていません。
漢字で書くと「偽姫乳茸」。何がニセなのかは分かりませんが確かにヒメです。


■ 2008年04月25日 撮影

傘の直径は大きくても3〜4cmほどと小さく、色は赤褐色。見慣れない姿です。
また表面に放射状のしわが寄っており、中央に突起が有る事も有ります。


■ 2008年04月25日 撮影

裏側です。ひだは肉色を帯び、傷付けると勢い良く白い乳液が出ます。
全体的な雰囲気で何となく分かりはしますが、ここでチチタケ属と分かります。
ただチチタケと比べると、乳液にやや透明感が有る気がしますが・・・。
あと本種は乾燥させるとカレーのような香りを発する事が知られています。

チチタケ属に多い辛味も無く齧っても不快な印象は受けませんが一応食毒不明
恐らく無毒でしょうが、何せサイズが小さいモンですから喰い甲斐の無い事。
一部を除きベニタケ科キノコはぼそぼそしててマズい事が多いですしね。

■ 2008年04月25日 撮影

別の個体です。苔のサイズと比較すれば、その小ささが良く分かるかと思います。
傘の表面はやや凸凹した感じ。個体によっては条線が見える物も有ります。
本種は傘の中央部のくぼみの中に小さい隆起が有るそうですが・・・見えねー。

■ 2008年04月25日 撮影

ボッキリ折れた写真が有りました。柄の内部は中空なんですね。

■ 2015年07月11日 撮影

いつも春に見かけるので違和感が有りましたが、そう言えば夏も出ますね。
本種はたまに岩の上などのほとんど土が無い場所にまで駆け上って来ます。
この場所もすぐ下が岩盤なので、地表を覆う薄い土の中に菌糸が居る模様。


■ 2015年07月11日 撮影

カッターで切るとやっぱり白い乳液が出ます。いやぁ久々の出乳実験でしたね。
心なしか微かにカレー粉のような香りがしますね。噂は真であったか・・・。

■ 2015年04月23日 撮影

多分「チチタケの仲間では最も早い時期に出現する」と言っても良いハズ。
他のハラタケ型の菌根菌が全然無い時期でもコイツだけは何度も出会います。
しかも当たり年なのか、ビックリするほどゴツくて大型の子実体を多数発見!
所々に見える赤っぽい粒々がマルトビムシの一種。お食事中みたいです。

■ 2015年04月23日 撮影

本種は不思議と、と言うか高確率でマツの材周辺に良く出ています。
と言うか中にはマツの材上に出ているモノも。アナタ菌根菌・・・ですよね?

■ 2015年04月23日 撮影

今年は本種の当たり年のようで、マツ材周辺に大群生を幾つも見ました。


■ 2015年04月23日 撮影

傘拡大です。雨の後で水分を多く含み、傘表面のシワや粉っぽさがダウン。
でも中央部を見ると何となくですがシワが残っているのが分かりますね。


■ 2015年04月23日 撮影

チチタケの仲間って事はやっぱ恒例のアレ。乳液を見ないと帰れないでしょ!
って事で爪でガリッと引っ掻いて白い乳液を出してみました。変色はしません。
本種は乾燥するとカレー臭がしますが、生時でもやや香る時が有ります。