■Laetiporus montanus (ミヤママスタケ)

■ 2012年09月01日 撮影

富士山麓、風穴が口を開くブナとミズナラ林で遠くに明らかに異様な色合いが。 ササをかき分けて進むと針葉樹の倒木に凄まじい大群生を発見しました。 和名は「深山鱒茸」。マスタケに似ていますが生える材種と色が異なります。 今まで無印マスタケを見ていなかったのですが、ようやく別種と確信しました。

以前から無印マスタケと混同されてきました。 ただ食毒に関しては同じだったようで、事故が起きなかったのはラッキーでしたね。 明確に色が異なりますが、より分かりやすいのは生えている材が針葉樹か広葉樹かを確認するのが手っ取り早いでしょう。


■ 2012年09月01日 撮影

傘は重なり合い、オレンジ色〜朱色で無印と比べて黄色っぽいですね。 とにかく非常に大きなキノコで、成長すると30cmに達する超大型菌です。 また最初は綺麗な傘状なのですが、老菌になると白くなり、枝分かれします。 裏側がギリギリ写ってましたね。色はレモン色で白くないのが特徴です。

幼菌時は肉質が軟らかく地域によっては食べてるそうですが、実は要注意。 海外では有毒扱いですし、特に加熱不十分な状態で食べると中毒を起こします。 中毒症状は嘔吐下痢などの胃腸系中毒と共に目眩などの神経系の中毒も。

■ 2018年09月09日 撮影

大台ヶ原にて久々に出会いました。でもこの幼菌を先に見ていなかったらしばらく悩んでいたかも。 幼菌の段階では傘表面が赤いですが、それでも下地が明確に黄色です。

■ 2018年09月09日 撮影

すぐそばに生えていたコレを見てしばらく悩みましたが、材がウラジロモミなので針葉樹生・・・ミヤマでしょうね。 写真では分かりづらいですがこれ大きい傘で幅が20cmあります。 もう少し早く来ていたら鮮やかな姿を見れたんでしょうけどね。


■ 2018年09月09日 撮影

ここまで古くなっていると流石に食えませんね。 と言うかもっともっと若い幼菌じゃないと食用に適しませんし、そもそもココ採取禁止ですから! しかしここはマスタケもミヤママスタケも道中で見れる貴重なフィールドですね。流石は大台ヶ原です。
■図鑑TOPへ戻る