■Laetiporus versisporus (アイカワタケ)

■ 2007年08月26日 撮影

立ち枯れた広葉樹の根元に生えていました。かなり独特なキノコ「間皮茸」です。
以前はヒラフスベとアイカワタケに分かれており、これは前者ヒラフスベ型です。
基本的には傘と管孔が有る一般的なサルノコシカケ型の子実体を形成します。
ですがこの異形体は個体全てが胞子の塊に変化する、と言う一風変わった種です。
もう面倒臭いのでヒラフスベ型は今まで通りヒラフスベと呼びたいと思います。


■ 2007年08月26日 撮影

拡大してみました。何て言うか、モコモコです。実際少し弾力が有ります。
若い内は白っぽく、やや肉色を帯びています。そして管孔が見当たりません。
本種は興味深い事に傘の形にはならず、まんじゅう形の傘になります。

近縁種のマスタケは若い内は食ですが、本種は食不適ですね。
通常の傘タイプは生食はアウトですが、若い内は食べれなくもないみたいです。
確かに香りを嗅いでみると、それほど不快なニオイはしないんですけどね。


■ 2007年09月01日 撮影

一週間後・・・ここまでボロボロになっているとは正直驚きだわ・・・。
熟すと形を保っていた菌糸が切れて胞子に変化します。不思議ー。
通常の管孔も形成するのですが、すぐに胞子になって崩れるので意味無し?
綺麗な状態で見れる期間が短いので、ラッキーだったかも知れません。

■ 2008年07月12日 撮影

成長段階のヒラフスベの幼菌です。幼菌時はこのように黄色なんです。
図鑑にも載ってますが、触ると少し弾力が有ります。これが萌えか。
ただこのように弾力が有るのは若い内だけ。じきに茶色く、脆くなって行きます。
傘にならない、特例的な硬質キノコ。このやる気の無さが大好きです。


■ 2008年07月12日 撮影

上の写真の右端に写っていた個体からのアングルで、見上げながら撮影しました。
何でローアングルで撮った方が良い構図になるんだろ?空が入るからかな?
本種は個体全体が胞子化するため、胞子を形成する「管孔部」が必要有りません。
ただ稀に浅い管孔を形勢するようで、細かな穴が開いているように見えます。


■ 2008年07月19日 撮影

5日後の同じ個体です。たった5日で随分と雰囲気が変わりましたね。
弾力が有ったボディも軟らかさを失い、茶色の粉のカタマリになっていました。
撮影しようとしたら、ひび割れた隙間に虫が入り込んで行きました。住んでる?

■ 2008年07月20日 撮影

遭難レベルの深い山にて撮影。今までは低地ばかりでしたからねぇ。
1500m級の峠を越えたんですが、収穫はあまり有りませんでしたね・・・。
しかも道を間違えちゃって、結局目的に到達できなかったという骨折り損。
このモコモコした姿が一番の清涼剤でしたー。またチャレンジしよう。

■ 2009年07月11日 撮影

な〜んかまた見覚えの有るような切り株ですねぇ。どうも居付いてるみたい。
でも今回のヒラは一味違う!なんと!ちゃんとになっている!!!すげぇ!
まぁこれ実は凄い地際で、地面に這うように成長しただけなんですけどね。
自重に身を任せ、だらだら成長する本種は相当我が道を行ってる気がする。

■ 2010年07月04日 撮影

日差しが強くてほとんどの写真が真っ白に焼けてしまっていました。
唯一綺麗に撮ることができた一枚。樹の根元に大きな個体が出てました。
幼菌の内は黄色っぽいですが、成長するにつれて白っぽくなるようです。
発生環境は不朽が進んだ切り株から生きている木の根元など多種多様。

■ 2010年07月04日 撮影

2ヶ所ほど毎年決まって生える切り株が有ります。幼菌は黄色でカワイイなぁ。

■ 2013年06月15日 撮影

久し振りに見た気がします。道路すぐ脇に生えてたので発見は楽でしたね。
なぜか赤と黒の模様の虫が何匹か潜んでいました。食べてるんでしょうか?
幼時食用となるマスタケに近い種なので、確かに野生動物は食べるかも。