■Leccinum eximius (ウラグロニガイグチ)

■ 2009年07月19日 撮影

何度も見たキノコですが写真差し替え。雑木林の林道脇で発見しました。
和名「裏黒苦猪口」は以前の分類の名残。現在はヤマイグチ属に変更されました。
柄の質感が独特です。まぁ最大の特徴は管孔部分の色なんですけどね・・・。


■ 2009年07月19日 撮影

ハイ、裏です。「裏黒」ってのの意味が良く分かる。スッゴイ黒いです。
若干淡くなってますが、幼菌の段階では管孔部はほぼ真っ黒になっています。
柄は灰色主体で黒い細点がビッシリ!非常に特徴的な裏側ですね。

古い図鑑ではとなっていますが、現在はと言う扱いになっています。
実際に味が良く癖が無いので美味しいです。現在でも食べている方は居ます。
ただ人によっては胃腸系の中毒を起こす事が明らかになりました。
これは体質によるもののようです。心配な方は食べない方が良いでしょう。
言い換えれば、以前食べて大丈夫だった人は中毒しない、って事なのでしょうね。

■ 2007年09月15日 撮影

何と言うか、場所が良いですね!写真から溢れ出る里山臭・・・。イイ!
このコケ生した斜面一面に大きな株が30株くらい生えていました。
食えるヒトには食えるとは言え、この茶色い汁はちょっと・・・。

■ 2008年07月12日 撮影

久し振りに良い個体を発見!ここのフィールドは不思議と一本ずつ出ます。
ただ不思議とキノコの形状が整っていて、理想的な姿が見れるので良いです。
柄も太くて食べ甲斐が有りそうですが、やはり毒キノコなんでしょうかね・・・。

■ 2008年09月06日 撮影

今年は栄養収集最終時期に雨が降り、傘が開く頃に晴れたため、状態が良いです。
イグチは有名どころはそこそこ食べてるんですが、コイツはまだ食えてません
「体質により中毒」って何とかならんのかな?良いダシも出るって聞くし。


■ 2008年09月06日 撮影

「ウラグロ」ってのは非常に良いネーミング・センスだと思いますね。
管孔部の孔口径が小さいため、このように余計に黒く見えるワケ。
こう言うキノコらしくない色合いをしたキノコは見応えが有って良いッスね。

■ 2009年08月16日 撮影

最初見た時は何だコレ?と思ったのですが、裏を見たらすぐ本種と分かりました。
傘の赤紫色が強いので、まるで別種のように見えてしまいますねぇ。
苔と倒木に挟まれて、とても写真写りが良いウラグロさんでした。

■ 2011年09月18日 撮影

長い間更新が無かったのは、キレイな個体に信じられないほど出会わなかったため。
今まで安定して出ていたハズの場所であまり見られなくなったのが一番の原因です。
ただ最近になって頻繁に目にするようになりました。周期でも有ったんでしょうか?


■ 2012年07月14日 撮影

完全に「遊星からの物体X」の「スプリットフェイス」。顔がくっ付いてるヤツ。
これイグチの仲間では結構見られますよね。てかイグチ以外であまり見ないような。

■ 2015年06月20日 撮影

地味に久々に見た気がします。あまり綺麗な状態が見れない種かも知れません。


■ 2015年06月20日 撮影

裏返してみました。ナメクジの先客が居たようで、粘液の名残が有りました。
食べ物が少ないのか、この群生はほとんどが傘にまで歯型が付いてました。
本種は「裏黒」とは言いますが、実際は紫褐色で幼菌時はより暗色です。