■Lycoperdon perlatum (ホコリタケ)

■ 2015年09月19日 撮影

出会いたいなと思っていましたが、いざ出会ってみると見飽きる発生頻度。
各種地上、あぜ道や芝生などの人の生活圏にも現れるキノコですね。
和名「埃茸」の他にも「キツネノチャブクロ(狐茶袋)」と言う呼び名も有ります。
胞子が目や耳に障害を起こすと言う迷信が、日本だけでなく海外にも有ります。
そのため「メツブシ」や「ツ◯ボキノコ」などの呼び名も。放送禁止用語ですが。

近年になって本種はハラタケ科菌である事が判明すると言う衝撃が。
確かに発生環境が明らかに似ていますよね。NZの有袋菌みたいですね。


■ 2015年09月19日 撮影

小型で非常に愛らしい姿をしたヤツです。群生する姿は完全に癒し系です。
構造的にはノウタケに似てますが、外皮膜には黒い小さなトゲトゲが・・・。
ただ発生環境や経過時間で色にかなりの差が有り、別種の可能性も有ります。

こんなモノ食えるか!って思いますけど、食えるんですよコレ。不思議でしょ。
ただし食える部分は内部の白い所だけ。少しでも着色していたら食不可です。
食べ方としては若い菌の表皮を剥き、串焼きにすると食べやすいですよ。

■ 2006年09月22日 撮影

初めて撮影したホコリです。今まで何度も見てたんですが、記録したのは初めて。
全体に灰色で表面には細かな黒いトゲ状突起がビッシリ。かなり特徴的ですね。
古くなると外皮が破れてその穴から胞子を飛ばしますが、それは下に載せます。

■ 2006年10月20日 撮影

本種は成熟すると色が褐色になり、球状の下に柄のような物が伸びて来ます。
そして球状部の頂部にのみ穴が開いてそこから胞子を飛ばします。

■ 2006年12月06日 撮影

今の時期はほとんど老菌ですので、せっかくなので胞子を飛散させてみます。
都会から離れた深山なので寒い寒い。末端冷性の管理人は手袋必須です。
軽く叩いてみると頂部に開いた穴から勢い良く黄土色の胞子が噴き出します。
ちなみに粉臭が凄く、胞子が付着すると臭いが中々取れないのでそのつもりで。

■ 2007年10月13日 撮影

あ、カワイイ♪と言うノリでパシャリ。柄のように見えのが無性基部。
群生していると基部はまず見えないので貴重なお写真です。
それにしてもどう言う考え方でこんな形に進化したんだろう?不思議だ。

■ 2009年03月21日 撮影

この日はあまりキノコに出会えなかったんですが、コイツに出会えたのでまぁ満足。
まだ3月ですが、周囲にも数株沸いていました。本種も時期を選ばないですねぇ。
ここは整備された自然公園の大きな芝生の広場。少し木陰になった場所です。
ホコリはあまり草の茂らない、日の良く当たる場所の個体の方が綺麗ですね。


■ 2009年03月21日 撮影

拡大するとこんな感じです。模様をじっくり見ると結構興味深いですよ♪

■ 2009年11月22日 撮影

公園の端っこにひっそりと生えていました。春以来の再会となりました。
どうも暑い時期は苦手なようで、初春と晩秋に良く姿を見るような気がします。
またこの表面の突起の個体差が激しく、数種に分かれる可能性が高いそうです。

■ 2010年09月25日 撮影

ホントに見る度に姿が変わるなぁ・・・。やっぱ本種は群れてるに限りますね。
今回見た個体群は一回り小さくて、全体的に色が淡い褐色なのが特徴です。
ブナ林なのでタヌキノチャブクロを疑いましたが、どう見てもホコリです本当に(ry。

■ 2011年10月01日 撮影

最近になって綺麗な個体を頻繁に目にするので、ちょっと嬉しかったりします。
自然公園の湿った木陰、コケが茂った場所に整った形状の個体を発見しました。
デジカメを買い換えた事も有って、自然な色合いに写っていて満足した一枚。

■ 2013年03月24日 撮影

3月には必ずって言っても良いくらい出会ってますね。春は「キツネ」が多いのかな?

■ 2013年04月07日 撮影

アミガサタケを探してて覗き込んだ桜並木の下の草の茂みに明らかに不自然な球体。
すぐ本種だと分かりましたが、明らかに色が濃いし異様に大きい!ビックリしました。
雨の後だったので水分を吸ってフヤケてたのかな?それにしても巨大な個体でした。

■ 2013年10月05日 撮影

雨がしとしと降る富士山。雨に打たれてポフポフ埃を打ち上げてました。
キノコ狩りで有名な場所ですし、先客に少しだけ引き抜かれ捨てられてます。
指で押して胞子を飛ばすのは良く見ますが、やっぱ自然とそうなるんですね。