■Morchella conica (トガリアミガサタケ)

■ 2012年04月21日 撮影

ずっと探していた「春のアミガサ三人組」で唯一見れていなかった「尖網笠茸」。
サクラやイチョウの樹下に発生すると言われ、菌根菌とも腐生菌とも思える生態。
この場所はサクラの樹下。今まで何度探しても出会えなかったので嬉しかったです。
他のアミガサタケより遥かに暗色であり、「ブラックモレル」とも言われます。

外見が似たアシボソアミガサタケが存在しますが、柄の色と構造が異なります。
実は初見ではなかったんですが、諸事情でこの写真をTOPに。理由は後述。


■ 2012年04月21日 撮影

傘部分です。全体的に褐色で縦方向の網目が発達しているのが特徴です。
「トガリ」の名に相応しく頭部が円錐形ですが、個体差がかなり有ります。
また網目の盛り上がり部分(稜)が黒くなるため、遠目だとかなり黒く見えます。
本属の特徴でもありますが、大きくても内部が空洞なので持つと軽いです。

ヨーロッパでは一般的にかなり親しまれている極めて美味な食菌として有名です。
基本的にはアミガサタケと調理法、合う料理法も同じで、煮込み系が得意です。
赤字なのは微量のジロミトリン等有毒物質を含むため。加熱は十分に行いましょう。

■ 2012年04月15日 撮影

これが初発見日の最も大きかった個体なのですが・・・曲がりすぎですね、ハイ。
本種は傘の形状に差が有り、尖っている個体も有れば丸みを帯びた個体も当たり前。
個人的な感想ですが少し軟らかい気が。なので草に引っかかると曲がるようです。


■ 2012年04月15日 撮影

本種の特徴は柄にも結構有ります。まず色と手触り。このように褐色微粉状です。
アミガサタケがほぼ白色で滑らかなので、全く違った姿なのに驚かされましたね。
また地味ですが柄に対して傘が離生するのは本種の大きな特徴でもあります。
良〜く見てみると傘と柄の境目にちゃんと隙間が出来ているのがお分かりになるかと。

■ 2013年03月24日 撮影

今年はウチの近所じゃ軒並みアミガサ系統が不作。ハズレ年ってヤツでしょう。
本種は元々発生量が少ないので、むしろ良く頑張ってくれていたと思いますね。
と言っても見れたのはたったの2株だけ。採取は・・・流石に諦めました。
ただこの個体は非常に大型で被写体としては素晴らしく、テンション上がりました。

■ 2014年04月05日 撮影

この年はアミガサ系の当たり年!最高のスタートダッシュを切れた感じ。
車からもハッキリ分かるほどの大きくて黒々としたとんがり帽子です。
これ見て気付きましたがアシボソアミガサタケと柄が明らかに違いますね。


■ 2014年04月05日 撮影

オマケに奥に生えていた少し小さめの子実体。良い尖り具合ですね。

■ 2015年03月21日 撮影

なるほど、一眼レフの良さはこのボカシの雰囲気が自分で選べる事ですね。
コンデジではこのような奥行きは撮れないので、これは買って良かったですわ。
ただ周囲の環境も記録としては重要であり、そこも重視して撮らなくては。

■ 2015年03月21日 撮影

まだ時期が早いので普段は脈の部分が真っ黒な本種も透明感が有る幼菌段階。
やっぱり本種はいの一番に顔を出すアミガサファミリー。春を告げるキノコですね。

■ 2015年04月04日 撮影

松崎し◯る氏並に黒いですね。こりゃブラックモレルなんて言われるワケだ。
あまりに黒いので走行中の車内からでも草むらの違和感に気付く事ができます。
アシボソアミガサタケも黒いですが、本種の方が最終的により黒くなる気が。

■ 2017年03月25日 撮影

まだ寒さの残るいつものフィールドへ。少し早いかと思いましたが・・・。


■ 2017年03月25日 撮影

走行中の車からでも分かった黒いとんがり帽子。幼菌でも重厚感が違います。
やはりコイツの姿を見ないと春が来たって気になれないのはキノコ屋だから?

■ 2017年03月25日 撮影

比較的目立つ種ではありますが、幼菌で背の低い時のカモフラは凄い!
注意深く見ていても見落としてしまいます。特に草の生えた場所は最悪。
まだ寒いので背が低くて助かりますが、ここから一気に伸びて隠れます。


■ 2017年04月08日 撮影

上の幼菌が成長した姿です。周囲の様子から同じ場所なのが分かります。
2週間ほどで周囲の緑が鮮やかになり、一気に春になった感じがしますね。

■ 2017年04月08日 撮影

トガリ最盛期!まだ寒さが頑張る4月頭にベストコンディションになりました。