★Mycena haematopus (チシオタケ)

■ 2010年10月02日 撮影

広葉樹の朽木に発生していた可憐なキノコ「血潮茸」。強烈な名前ですね。 形を見れば分かりますが、クヌギタケの仲間です。一味違いますけどね。 実は今まで何度も見てるんですが、どれも傷みが激しくて掲載に至らず。 この日は綺麗な個体群を沢山見れたので、やっと載せれたって感じですね。

近縁種にアカチシオタケが存在しますが、むしろ赤はチシオタケのほうです。 アカチシオタケは全体的に黄色〜オレンジ色で、分泌する汁もオレンジ系ですので。


■ 2010年10月02日 撮影

裏側撮影用に一株分離してみました。柄は傘と同色で中空。 ひだは白色だが成熟すると少し赤みを帯びるようになります。


■ 2010年10月02日 撮影

写りが悪くて申し訳ありません。これが本種が「血潮茸」と呼ばれる所以です。 本種は子実体全体が傷付くと暗赤色の液が出ると言う性質が有ります。 その様子が血を流しているように見えるのが本種の和名の由来です。 傘は釣鐘型で赤褐色。周囲には条線。縁にノコギリ状のフリンジが有ります。 この傘の雰囲気は他には無いので、一目見て本種だと分かると思いますよ。

食えなくもないって種が多いクヌギタケ属菌ですが、本種は食不適です。 肉質が脆い上に小さくて血のような液体が染み出すキノコ。皆さんは食べたい?

■ 2013年09月14日 撮影

最近綺麗な個体に出会えていなかったのですが、これはアタリじゃないかな? 金華山登った時にも見ましたが、色褪せた汚い個体しか見れませんでしたし。 それにしても本当にメルヘンなキノコ♪傘の周囲のフリンジがまた愛らしい。

■ 2014年10月25日 撮影

かなりの老菌を発見。傘の雰囲気が違いすぎて一瞬分かりませんでした。

■ 2014年10月25日 撮影

沢筋の倒木に非常に萌えるチシオのお姿が・・・やっぱメルヘンですね。 傘が開いていないので釣鐘形で、ちゃんと傘周囲にフリンジが有ります。 やはり本種は全キノコの中でも愛らしさでは最上位勢だと思うのですよ。

■ 2014年11月02日 撮影

一眼レフでマクロ撮影。周囲がボケて良い感じの雰囲気になった1枚です。 遊歩道の柵の上に生えてました。水分が少ないはずなのに元気なもんです。

■ 2015年06月20日 撮影

近所にブナ林が有ると言う事をつい最近知り、下見も兼ねて訪れてみました。 その道中に綺麗なチシオを発見。コイツは本当に時期を選ばないやつです。 傘の周囲のフリンジが少し上に反る感じもメルヘンチックで良いですね。

■ 2015年09月05日 撮影

ブナ林にて遭遇。ここ他にもアカチシオタケも出ます。やっぱブナですね。 ただし本種は樹上の比較的高い場所、アカは地面に近い位置に良く居ます。

■ 2015年09月05日 撮影

非常に美しい群生を発見!やっぱりこのコは写真映えするキノコですねぇ。 ただ毎回傷付けるのが可哀想で、流血と裏側の撮影を躊躇してしまいます。 次に見付けた時は心を鬼にして、しっかりと撮影をしたいと思います・・・。

■ 2015年09月22日 撮影

今年は美しい子実体に多く出会えたチシオタケ。傷付けたのはどろんこさん。 やはり本種は愛らしくてついつい出血させたくなっちゃいますよね?ね? 本種は傷付けると赤い汁が出るだけでなく周囲が赤く滲むのがリアルです。

■ 2018年09月23日 撮影

地元で美しい群生に出会えました。 TOP絵に差し替えても良いレベルだったのですが、ヤマビルを恐れて長時間留まれませんでした。 意外とこの辺りでは見かけないし、もう少しちゃんと撮影してあげれば良かったかな。


■ 2018年09月23日 撮影

カッターナイフでシュッとやってみると・・・?


■ 2018年09月23日 撮影

じわりと汁が滲み出てきました。本種の出血の仕方って凄いリアルなんですよね。 もっとこう派手な赤さなら作り物感があるのですが、この赤黒さはまさに酸素に触れていない採血時の血液の色。 周囲にも色が滲むのがまた生々しいんですよね。

■ 2018年10月06日 撮影

子実体はやや古めですが、材が暗色のため実に見栄えするチシオさん達。 雨の後なので傘も適度に湿っており、良い感じの写真を撮ることができました。
■図鑑TOPへ戻る