★Ophiocordyceps formicarum (マルミアリタケ)

■ 2016年04月16日 撮影

近所の里山の林道を歩いている時にマツの倒木に不自然な黄色を発見。 素晴らしい発生坪を発見する事ができたので写真も大幅差し替えです。 ミカドオオアリムネアカオオアリを宿主とする冬虫夏草「丸実蟻茸」です。 比較的普通に見る事ができ、発見も容易。西日本では発生が早いです。

地中や材の穴に居る宿主から発生するみたいです。誘導ではなさそうかな? 営巣時に感染し内部で死亡すると言う宿主の生態に頼っている気がします。


■ 2016年04月08日 撮影

実は一週間前に発見していました。最初はコガネムシタンポタケかと・・・。


■ 2016年04月08日 撮影

この時期にマツの朽木と言うとヒメカバイロタケも可能性が有りますからね。 マクロレンズで覗いてみるとちゃんと子嚢殻が。冬虫夏草に間違い無い! 先端部の形状と材が広葉樹ではない点から掘らずともすぐ分かりましたね。 この段階では左側の4つは未成熟だったので、一週間待って撮影しました。


■ 2016年04月16日 撮影

ストローマを切らないように慎重に材を剥がします。何とか上手く行きました。 胸部や腹部からストローマが伸び、先端に黄色い結実部を形成しています。 結実部は直径3mm程度と極めて小型ですね。これでも大きい方なんですが。


■ 2016年04月21日 撮影

更に数日後、胞子飛散を確認した後、標本用に採取、クリーニングしました。 宿主はムネアカオオアリの女王ですね。朽木に営巣する性質が有ります。 そのため針葉樹の倒木が多い環境を探すと本種も良く見付かりますね。 普通は頭部後ろから1〜2本出るんですが、栄養が豊富なのか5本出てます。 また菌糸はほとんど見えませんが腹部の体節から菌糸が少しハミ出してます。


■ 2016年04月21日 撮影

白バック初めてやってみたんですが、結構良いですね。特に虫草には。 結実部をマクロレンズで超拡大!橙色の子嚢殻の先端部が見えます。 結実部先端が尖るものは別種のアリタケですが、同種の可能性も有ります。


■ 2016年04月21日 撮影

子嚢殻の下側に脈のようなものが浮き出ているのは埋もれた子嚢殻です。 本種の子嚢殻は斜め上向きに形成される斜埋生型と呼ばれるタイプ。
この先端部から子嚢胞子を出し、新たなターゲットを探すと言うワケ。 一部白いホコリのような物が飛び出していますが、それが子嚢胞子です。

冬虫夏草の仲間と言う事ですが本種に関しては薬用価値無しみたいです。
まぁメチャクチャ小さいですし、発見難易度も高いので観賞用ですね。

■ 2015年04月12日 撮影

実況撮影時に発見した初めてのマルミ。ミカドオオアリが宿主のようです。 本来は材から出ますが、このように土中や落ちているだけの事も有ります。 女王アリは大きいので最初はハチだと思ってました。無知は恐ろしい・・・。


■ 2015年04月12日 撮影

掘り出してみました。アリは菌糸がハミ出す事無く原型を留めています。 ストローマは顎の付け根から出て一度壁にぶつかり曲がってしまってます。


■ 2015年04月12日 撮影

野外で撮影したのでピントが少し甘かったですね。成熟度合いは中々です。 斜埋生型のため子嚢殻が斜め上に伸びており、下方に筋が見えてます。 非常に小さな冬虫夏草ですが、この結実部の派手さは超目立ちますね。

■ 2015年05月23日 撮影

ラジカルさんと猫幸さんとの梅雨入り前のキノコ散策オフにて偶然発見しました。 圧倒的なサナギタケの量に半ば呆れかけていた時に苔生した朽木に異物発見! 森の中で叫んでしまいました。苔の縮尺から如何に小さいか分かりますか?


■ 2015年05月23日 撮影

朽ちた樹皮を引っぺがしてみると・・・見える!下にアリの腹部が見える! 一匹の宿主から無数のストローマを伸ばし、樹皮を突き破っていました。 結実部も丸く、斜埋生型の子嚢殻のせいで下向きに脈が浮き出ています。


■ 2015年05月23日 撮影

クリーニングすると宿主はやはりムネアカオオアリの女王アリでした。 ストローマはほとんどが胸の辺りから発生。結実部が無い物も多いです。 恐らく樹皮を突き破れていればもっと沢山の結実部が見られた事でしょう。


■ 2015年05月23日 撮影

結実部拡大。子嚢殻は斜埋生型で、孔口部が少し突出してオレンジ色です。 キッチンペーパーの上に乗せての撮影は流石にちょっとダサかったかな?

■ 2016年04月09日 撮影

まだやや未熟のため子嚢殻先端があまり突出していない子実体を発見です。 かなり材の浅い部分に宿主が居たため掘るのはかなり簡単な方でしたね。

■ 2016年04月29日 撮影

結実部がかなり小さい子実体を発見。これはワーカーが宿主かな?


■ 2016年04月29日 撮影

拡大してみると糸状の子嚢胞子を噴出していました。成熟してますね。 本種の子嚢胞子は二次胞子に分裂するのでやがて千切れて飛散します。 しかしワーカーに出る子実体は本当に小さくて見付けるのが大変です。

■ 2016年04月29日 撮影

イモムシが首振ってますが私は元気です。じゃなくてマルミアリタケです。 珍しく材のかなり奥に潜んでいたので材中を進む子実体も長細いですね。 結実部には二次胞子に分裂した粉状の胞子がビッシリ付着していました。

■ 2017年05月27日 撮影

今年は地元でまだ見付けてなかったんですが、遠征で偶然出会いました。 目的は地下生菌生の冬虫夏草でしたが、道中沢筋の朽木に出ていました。


■ 2017年05月27日 撮影

地元では4月中旬にピークを迎えるので、まだ居るとは思いませんでした。 でも流石に成熟していたのか、子嚢胞子を噴出した痕跡が有りました。


■ 2017年05月27日 撮影

問題はここからでした。普通なら簡単に掘れる、と断面作成を開始。 ・・・したは良かったんですが材がアホみたいに硬いんですよ。 枝部分の空洞に営巣していたらしく、ニッパーでバキバキ砕く羽目に。 引っこ抜けば簡単だったんですが、やっぱ断面は見ておきたいですし。


■ 2017年05月27日 撮影

中はやはりムネアカオオアリの女王。複数本は大抵が女王生ですね。 やはりストローマの本数は宿主の栄養量にある程度比例している模様。

■ 2017年08月12日 撮影

まさか亜高山帯針葉樹林この時期に出会うとは思わずビックリしました。 確かに地元では春がシーズンですが、他所では意外と普通に夏発生みたい。 宿主はムネアカオオアリの女王でしたが、不思議と生体に出会いません。

■ 2018年06月16日 撮影

ignatius氏のフィールドにて発見。女王アリではなくワーカーから出ているのは久々に見ました。 この場所ではほとんどが地上生で働きアリから出るのだそうです。
■図鑑TOPへ戻る