★Ophiocordyceps nutans (カメムシタケ)

■ 2015年07月18日 撮影

どろんこさん主催の調査にガガンボさんと一緒に参加させて頂きました。 その際最も見付かったのがコレ。カメムシを宿主とする冬虫夏草です。 その名も「亀虫茸」。沢沿いの地面にい〜っぱい発生していました。 冬虫夏草としてはメジャーかつ初心者向きの比較的嬉しい存在ですね。 それにしてもこんな小さな宿主から何故こんな大きな子実体が・・・? 種小名は「うなだれた」の意。結実部が垂れるためミミカキタケの別名も。

宿主はクサギカメムシ、ツノアオカメムシ、ハサミツノカメムシなど様々。 なんと約40種類の各種カメムシからの発生が確認されているそうです。 またエダウチカメムシタケ(Hirsutella nutans)が重複寄生する事が有ります。


■ 2015年07月18日 撮影

宿主を拡大してみました。これはクサギカメムシでしょうか?キモいです。 もちろん内部は完全に菌糸に置き換わっており、臭いも何も有りません。 柄は胸部側面から発生する事が多く、色は黒色で強靭な肉質です。 また柄には鈍い光沢が有り、不思議と揺らぎ捻れている事が多いです。


■ 2015年07月18日 撮影

結実部を拡大してみました。黒い柄がオレンジ→赤→結実部と変化します。 子嚢殻は斜埋生型で先端の孔口はほとんど突出せず点になって見えます。 成熟するとこの点の部分に開いた穴から糸状の子嚢胞子を噴出します。

カメムシって時点でゲェッ!ですが、実は薬用として利用されていました。 福岡県八女地方では「フーのトウ」と呼ばれ、販売もされていたそうです。 現在では一般的ではないですが、薬用酒として個人利用する方も居られます。 ちなみに「フー」はカメムシ類の地方名、「トウ」はフキノトウと同じ花軸の意。

■ 2015年07月18日 撮影

慣れて来るとガンガン見付かります。先端部が派手で小さくても目立ちます。 カメムシが好む木が有るようで、その樹下では大群生を作っていました。 エダウチカメムシタケの重複寄生も有りましたが写真を撮り忘れる大失態!

■ 2016年07月03日 撮影

ハヤカワセミタケの捜索中に出るわ出るわ、見飽きるレベルの発生量でした。 この子実体は宿主が翅を広げたまま死んでおり、今にも飛び立ちそうな雰囲気。

■ 2018年07月16日 撮影

ガガンボさん主催の岡山冬虫夏草観察オフ、その2日目に非常に多くの発生を目にしました。 一般的と言われるワリにウチの地元に無いのでやっぱり出会えると嬉しいです。


■ 2018年07月16日 撮影

やはり本種の魅力はこのカラーリングでしょう。硬く黒い柄の先に鮮やかな色彩は本当に映えます。 ほとんどが宿主1個体につき子実体1本と言う発生のしかたですが、このように1つの宿主から2本出ることも有ります。 3本以上と言うのは極めて稀みたいですね。カメムシの外骨格の構造が原因でしょうか。


■ 2018年07月17日 撮影

追培養用に持ち帰りました。クリーニングは必要なかったのでそのまま黒バック撮影です。 重厚感のある柄の先端に燃えるような赤とオレンジ・・・たまりませんね。


■ 2018年07月17日 撮影

個人的にお気に入りの一枚。今にも動き出しそうな宿主の黒バック写真です。 胴体の脇から出る2本の子実体が禍々しさをより一層引立ててくれています。 虫には詳しくないのですが普通に見かけるクサギカメムシで良いのかな?

■ 2018年07月16日 撮影

このオフの中でイチニを争うレアモノだったかも知れません。 結実部が真っ白なので最初は重複寄生されているかと思いましたが表面は滑らか。 何と激レアのシロガシラカメムシタケ(通称)です。 結実部が黄色いキイロカメムシタケも有りますが、本種はそれを通り越して純白! 白変種なのかアルビノなのかは分かりませんが、貴重なものが見れました。

■ 2018年07月17日 撮影

コチラは胞子観察用に持ち帰ったもの。これは流石にエサキモンキツノカメムシが宿主だと分かりますね。 背中の部分の白い黄色紋が特徴的です。


■ 2018年07月17日 撮影

成熟していそうなのに全然胞子を吹いてくれませんでしたので、せめて結実部だけでも綺麗に撮ろうと黒バック撮影。 黒い柄はオンレジ色になり、先端は赤色、そして結実部になるとまたオレンジ色に戻ると言う黒橙赤橙の順です。 子嚢殻は斜埋生型なので上方向に立ち上っているように見えます。
■図鑑TOPへ戻る