★Ophiocordyceps nutans (カメムシタケ)

■ 2019年08月18日 撮影

どろんこ氏と一緒にベニイロクチキムシタケ目当てで訪れたフィールド。 そう言えば綺麗なTOP写真が無かったことを気にしていたので撮影してみました。 各種カメムシを宿主とする冬虫夏草、その名も「亀虫茸」です。 冬虫夏草としてはメジャーかつ初心者向きの比較的嬉しい存在ですね。 それにしてもこんな小さな宿主から何故こんな大きな子実体が・・・? 種小名は「うなだれた」の意。結実部が垂れるため「ミミカキタケ」の別名も。

宿主はクサギカメムシ、ツノアオカメムシ、ハサミツノカメムシなど多岐に渡ります。 なんと約40種類の各種カメムシからの発生が確認されているそうです。好き嫌いは少なそうです。 エダウチカメムシタケ(Hirsutella nutans)が重複寄生することがあります。


■ 2019年08月18日 撮影

子実体は細長く、先端部がオレンジ色〜赤色と非常に派手な色合いなので発見は簡単です。 また柄は結実部より少し下から突然光沢のある黒色になります。 柄には不思議と揺らぎ捻れがあるものが多いです。


■ 2019年08月18日 撮影

宿主を掘り出してみました。あまり詳しくありませんがクサギカメムシっぽいです。 もちろん内部は完全に菌糸に置き換わっており、臭いも何もありません。


■ 2019年08月18日 撮影

帰宅後にクリーニングしたものを白バック撮影してみました。 柄は胸部側面から発生することが多く、非常に強靭な肉質です。 そのためそのまま引っ張るだけでギロチンせず採取できてしまう親切設計。


■ 2019年08月18日 撮影

結実部はギボウシ型で長さにやや個体差はあるものの統一感はあります。 色は先端からオレンジ色→赤色→オレンジ色→黒色と変化します。 子嚢殻は斜埋生型で、先端部はやや突出しています。


■ 2019年08月18日 撮影

宿主はやはりクサギかな?不思議と子実体は胸部側面から出ているものばかり。 体節部は他にも沢山あるハズなのですが、何か理由があるのでしょうか。

カメムシって時点でゲェッ!ですが、実は薬用として利用されていました。 福岡県八女地方では「フーのトウ」と呼ばれ、販売もされていたそうです。 現在では一般的ではないですが、薬用酒として個人利用する方も居られます。 ちなみに「フー」はカメムシ類の地方名、「トウ」はフキノトウと同じ花軸の意。

■ 2019年08月18日 撮影

ちなみに胞子観察用に折れた先端部だけも持ち帰っていました。 上記の子実体は胞子を噴出してくれなかったので、コチラの結実部を使用しました。 実は以前から本種は何度も胞子観察に挑んでいるのですが・・・。


■ 2019年08月18日 撮影

辛うじて見れたのは二次胞子のみ。残念ながら完璧な子嚢胞子の観察はできませんでした。 子嚢胞子は糸状で記載によると530〜830μm、64個の二次胞子に分裂するのだそうです。 確認できた二次胞子のサイズは7〜10μm。 64を掛けた感じだと確かに記載の範囲には収まってはいますね。

■ 2015年07月18日 撮影

初見はどろんこ氏主催のオフ会にガガンボ氏とお邪魔した時でした。 凄まじい高温高湿度の沢筋でしたが、多くの出会いがあった思い出の探索でしたね。 逆にここでの経験が、その後どんな劣悪環境でも「あの時よりマシ」と思えるようになったキッカケです。


■ 2015年07月18日 撮影

宿主を拡大してみました。クサギカメムシでしょうか? かなり子実体の肉が緻密な種なので相当な量の栄養が必要だと思うのですが・・・。 この宿主のどこにこれほどの栄養があるんでしょう。本種に限った話じゃないですが。

■ 2015年07月18日 撮影

慣れて来るとガンガン見付かります。先端部が派手で小さくても目立ちます。 カメムシが好む木が有るようで、その樹下では大群生を作っていました。 エダウチカメムシタケの重複寄生も有りましたが写真を撮り忘れる大失態!

■ 2016年07月03日 撮影

ハヤカワセミタケの捜索中に出るわ出るわ、見飽きるレベルの発生量でした。 この子実体は宿主が翅を広げたまま死んでおり、今にも飛び立ちそうな雰囲気。

■ 2018年07月16日 撮影

ガガンボさん主催の岡山冬虫夏草観察オフ、その2日目に非常に多くの発生を目にしました。 一般的と言われるワリにウチの地元に無いのでやっぱり出会えると嬉しいです。


■ 2018年07月16日 撮影

やはり本種の魅力はこのカラーリングでしょう。硬く黒い柄の先に鮮やかな色彩は本当に映えます。 ほとんどが宿主1個体につき子実体1本と言う発生のしかたですが、このように1つの宿主から2本出ることも有ります。 3本以上と言うのは極めて稀みたいですね。カメムシの外骨格の構造が原因でしょうか。


■ 2018年07月17日 撮影

追培養用に持ち帰りました。クリーニングは必要なかったのでそのまま黒バック撮影です。 重厚感のある柄の先端に燃えるような赤とオレンジ・・・たまりませんね。


■ 2018年07月17日 撮影

個人的にお気に入りの一枚。今にも動き出しそうな宿主の黒バック写真です。 胴体の脇から出る2本の子実体が禍々しさをより一層引立ててくれています。 虫には詳しくないのですが普通に見かけるクサギカメムシで良いのかな?

■ 2018年07月16日 撮影

このオフの中でイチニを争うレアモノだったかも知れません。 結実部が真っ白なので最初は重複寄生されているかと思いましたが表面は滑らか。 何と激レアのシロガシラカメムシタケ(通称)です。 結実部が黄色いキイロカメムシタケも有りますが、本種はそれを通り越して純白! 白変種なのかアルビノなのかは分かりませんが、貴重なものが見れました。

■ 2018年07月17日 撮影

コチラは胞子観察用に持ち帰ったもの。これは流石にエサキモンキツノカメムシが宿主だと分かりますね。 エサキだと思ったんですが、背中の模様がハートになっておらず、本種だと教えて頂きました。


■ 2018年07月17日 撮影

成熟していそうなのに全然胞子を吹いてくれませんでしたので、せめて結実部だけでも綺麗に撮ろうと黒バック撮影。 黒い柄はオンレジ色になり、先端は赤色、そして結実部になるとまたオレンジ色に戻ると言う黒橙赤橙の順です。 子嚢殻は斜埋生型なので上方向に立ち上っているように見えます。

■ 2019年08月24日 撮影

地元の山で発見!ここで見るのは初めてです。ただ密度はかなり低い感じ。 開けた沢筋でかなり傾斜があり、風通しは良い場所なので当然かな? 高密度で発生するような場所なら他の冬虫夏草もありそうなんですけどね。

■ 2019年12月07日 撮影

日付に注目して下さい。これ間違いじゃないですからね。 師走の地下生菌オフでどろんこ氏が発見!氏も同行のK.Y氏も驚いていました。 それもそのハズ、12月にカメムシタケなんてありえないですからね。 いくら頑丈な子実体とは言え、この時期まで萎れずに残っているなんて異常です。

■ 2020年08月01日 撮影

この場所、尾根筋で沢も無く、普段からカラッカラの場所です。 なのに何故カメムシタケが居るのか・・・それは本州再多雨地だからですね。 ただ雨と言うよりもこの場合に大事なのはガスのほうだと思いますけど。

■ 2020年09月20日 撮影

どろんこ氏とのオフ会で出会った宿主がハサミツノカメムシのカメムシタケです。 このカメムシはウチのキノコ擬人化娘のスケボーのモチーフとなっております。 嬉しい出会いでしたが発生はこの1個体のみ。写真撮影だけにしておきました。
■図鑑TOPへ戻る