■Ophiocordyceps pulvinata (コブガタアリタケ)

■ 2016年08月06日 撮影

どろんこさんにお誘い頂きベテラン集う観察会に参加した最大の目的でした。
図鑑で見た時からずっと出会いたかった憧れの冬虫夏草「瘤形蟻茸」です。
ミカドオオアリにも出ますが主にムネアカオオアリの働きアリに感染します。
アリ生種の中でも特に珍しく、比較的標高の高い場所や高緯度地域に分布。
ここでは周囲の細い枝に無数の宿主が見られ、墓場の様相を呈してました。

稀に本種に別種のツブガタアリタケが重複寄生する事が知られています。


■ 2016年08月06日 撮影

上手く撮ったつもりでしたが、帰って確認したら興奮で手ブレってましたね。
拡大してみました。一見するとただのムネアカオオアリの死骸ですが・・・。

もうお分かりですね。頭部後ろの茶色い襟巻きが本種の子実体なのです。
本種は柄を持たず、結実部を直接頭部と胸部の間に形成する変わり者。
柄を持たないため、当初はてっきりトルビエラ属だと思われていたホド。
そのため冬虫夏草らしくなく、だからこそ魅力的で人気が有ると言うワケ。

小型で子実体自体が極めて小型。そのため当然ながら利用価値無しです。
ただ宿主の着生の仕方がカッコ良く、コレクション性はかなり高いのでは?
保存する際はケースに封じ込めるより立体ディスプレイすると良いですよ。

■ 2016年08月06日 撮影

ちょっと分かりにくいので持ち帰った別個体を黒バック撮影してみました。
宿主のムネアカオオアリは枝が変形するほど強く噛み付いて死んでいます。
胸部や腹部はしぼんでおり、菌の本体は頭部に集中しているようですね。


■ 2016年08月06日 撮影

結実部を拡大してみました。子実体は暗赤褐色で子嚢殻は埋生型です。
子嚢殻先端がやや突出しており、この先から糸状の子嚢胞子を噴出します。
体の内部は完全に菌に冒されているようで、複眼が白色になってます。

■ 2016年08月06日 撮影

最初は見付けるのが大変でしたが、目が慣れてくると周囲はこんなのばっか。
一つの植物体に無数に宿主が着生してます。いわゆる「墓標」ってヤツです。
アリは同じ道を通る習性が有りますし、死にゆく旅路まで同じとは・・・哀れ。

■ 2016年08月06日 撮影

慣れて来ると一つの共通点に気付きました。本種が着く植物の特徴です。
植物種に共通点は無く、生きたツツジの枝から落ちた針葉樹の枝まで様々。
ただしどれも細さが同じで、大抵1mmくらいの太さで似通っています。
この太さは恐らくムネアカオオアリのあごにジャストフィットするのでしょう。
それを頭に入れて調べれば、面白いほど次々に発見する事ができました。