★Ophiocordyceps sp. (ハマキムシイトハリタケ)

■ 2017年07月08日 撮影

初参加の第35回虫草祭にてその存在を初めて知った超マイナー冬虫夏草。
地中に居るハマキガなどのガの幼虫から発生する「葉巻虫糸針茸」です。
極めて小型の地上生で、ここではアセビの木の周囲に大量発生
種小名は未決定であり、発見難易度の高さから知名度が極端に低いです。

「糸」と名が付くように針タケ型の冬虫夏草の中でも特に小型の種です。
そのため発見するには林床を匍匐前進して目線を可能な限り下げる必要が。
本種が見付けられれば大抵の地上生の虫草は発見できるとさえ言われます。
例えるなら「広大な森の中で地面から生えた白い糸一本を探す」感じです。


■ 2017年07月08日 撮影

本種は極めて細く、柄の途中が葉に付着した状態で発見される事が多いです。
そのため普通に持ち上げただけで途中で切れてしまう(ギロチン)のです。
今回は奇跡的に巣の中の宿主もそのままの状態で採取する事ができました。


■ 2017年07月08日 撮影

帰宅後にクリーニングしてから黒バック撮影。こうして見ると分かりやすい。
子実体は細い糸状で長さは1〜1.5cm程度。色は白〜やや褐色ですね。
その途中に暗褐色の子嚢殻を裸生させます。黒いつぶつぶが子嚢殻です。
この粒1つがアミガサタケの凹み1つのようなもの。子嚢菌類ですから。


■ 2017年07月08日 撮影

本種の重要な特徴として子嚢殻が部分的に集中する点が挙げられます。
良く似た種にヒゲナガガの幼虫を宿主とするハトジムシハリタケが有ります。
ただコチラは子嚢殻が明るい褐色で柄にまばらに付く点で異なります。
この内部には糸状の子嚢胞子が詰まっており、先端の孔口から噴出します。


■ 2017年07月08日 撮影

宿主は小型のガの幼虫。ハマキガの一種のようですが同定はできません。
それにしてもこんな小さい体のどこにあれだけの子実体を作る栄養が・・・?


■ 2017年07月08日 撮影

子嚢殻拡大です。成熟しても先端部にやや丸みが残るようです。

極めて小型であり、薬効も特に無いため当然ながら食不適となります。
そもそも発見自体が極めて困難であり、仮に効果が有ったとしてもキツい。
めったに見付けられない冬虫夏草なので、愛でるに留めるが吉でしょう。

■ 2015年08月02日 撮影

初見は広島虫草祭。Hibagon氏のフィールドの目玉商品だったのが本種。
ただ時期的にはやや遅かったようで、ギロチン率が高かった印象アリ。


■ 2015年08月02日 撮影

やはりある程度子嚢殻が固まって形成されると言う点は共通していました。
ただこの場所、地面にツタウルシがいっぱい生えている凶悪な環境。
今思えば普通のズボンと軍手で這い回っていたのは自殺行為でしたね。


■ 2015年08月02日 撮影

ここのではモミの葉を繋ぎ合わせた繭の中のハマキガの幼虫が宿主です。
白い毛が生えている細長い物体が萎んだガの幼虫の見る影も無い姿です。
時期的には終わりがけなのか、宿主は縮んで原型が有りませんでした。

■ 2016年06月15日 撮影

翌年、地元でツブノセミタケを探してヒノキ林をウロウロしていた時。
発見したツブノを撮ろうとしゃがんだ時に見覚えの有る姿・・・嘘!

■ 2016年06月15日 撮影

慌てて周囲を匍匐前進すると辺り一面ハマキムシイトハリタケだらけ!
発狂してツイートしようとするも圏外で大慌てしてたのは良い思い出です。
ここで良い標本を多数得ることができたので、じっくり観察できました。

■ 2016年06月15日 撮影

持ち帰った子実体です。左は成熟、右は未熟or不稔。非常に小さいです。
初見時もそうでしたが基部で堆積物に癒着しているのが非常に厄介です。
おそらくそうすることで脆い子実体を安定させているのだと思われます。


■ 2016年06月15日 撮影

左の標本の宿主を拡大してみました。ヒノキの葉を貼り合わせた繭です。
驚くべきに宿主が幼虫ではなく前蛹ですね。感染のタイミングのヒントか?

■ 2016年06月15日 撮影

結実部を拡大してみました。スーパーマクロ黒バックで頑張ってみましたよ。
子嚢殻のでき始めは赤褐色の腫れ物みたいなんですね。知りませんでした。
これが徐々に膨らんで見慣れた子嚢殻の形になります。裸生は良いですね。

■ 2016年06月15日 撮影

奇跡的に成功した断面作成。鬼畜難易度でした。これはキツいですわ。
宿主は浅い場所に居るんですが、繭と周囲に癒着した部分が難関です。


■ 2016年06月15日 撮影

帰宅後しばらくタッパー内で追培養し、自然と胞子が出るのを待ちました。
子嚢胞子は糸状で二次胞子には分裂せず、平均して130μmくらいかな?
本種とされているものにしては長めな気がしましたが、これが普通とのこと。

■ 2017年06月03日 撮影

今年は定点観察しようと6月初めに訪問しましたが、流石にまだ早い?
と思ったら普通に居ました。まだ若い部分は薄っすらと紫色なんですね。

■ 2017年06月10日 撮影

この時はまだ発生条件が分かっていませんでしたが、とある事に気付きます。
不思議とアセビの周囲に発生が集中しているのです。偶然とは思えない。
そう思って離れた場所のアセビの樹下を探すと・・・ビンゴ!やはり居ました。
喜んで手前に有ったスギの毬果をどけると、何と宿主が露出していました。

■ 2017年06月26日 撮影

6月も末になり、そろそろかと思って行ってみると、その予想は大当たり。
7月頭にオフでここをご案内する予定なのでタイミングを見極めないと。

■ 2017年07月08日 撮影

下見のお陰でどろんこさん木下さんとのオフのタイミングはバッチリでした。
ご案内した虫草師匠のどろんこさんにも満足して頂けたみたいで一安心。
この写真もヤラセではなくて、マジで高密度で発生しているんですからね!

■ 2017年07月08日 撮影

面白い子実体も発見。カニの爪みたい。右上の子嚢殻1つが何か惜しい。

■ 2017年07月08日 撮影

地元オフで見付け、私が個人的に「キングギドラ」と呼んでいたヤツです。
宿主が隙間に潜り込んでしまったようでヒノキの毬果から出ていました。
しかも何とストローマが3本も出ています。こんなの見たこと有りません。


■ 2017年07月08日 撮影

ストローマ一本一本は確かに普通より一回り小さいですが、それでも立派。
分岐はすれど基部から3分岐は珍しいです。宿主が大きいのでしょうか?


■ 2017年07月08日 撮影

帰宅後にクリーニングし黒バック撮影。うーん宿主の大きさも普通ですね。
むしろ小さいくらい。どう考えても質量保存の法則を無視していますね。
やはり蛹になるため地面に降りたどこかの段階で感染するのでしょうね。
しっかり毬果の隙間に繭を作っていましたし、地面で待ち伏せしてる?

■ 2017年08月11日 撮影

本種のシーズンもそろそろオワリ。胞子を噴出した子実体が目立つ時期です。
こうなると1〜2習慣で忽然と姿を消し、次に会えるのは翌年となります。