■Pholiota adiposa (ヌメリスギタケ)

■ 2007年11月09日 撮影

山を抜け、開けた場所に出た時、矯正視力0.5の俺でも遠くから分かった。
沢筋に倒れこんだ苔生した広葉樹の倒木に群生を作っていました。
種小名「Pholiota」はナメコと同じ。ナメコの近縁種、和名「滑杉茸」です。
似た種にヌメリスギタケモドキが有りますが、ずっと大型になるので区別は容易。

傘は鮮やかな黄褐色で表面にはササクレ状の鱗片が並びます。
しかし何より凄いのはその表面の強烈なぬめりです。凄いです。
特に湿時のぬめり度は凄まじく、手で持てないくらいに滑ります。


■ 2007年11月09日 撮影

ひだは明るい褐色ですが、成長と共に褐色が強くなります。
柄は傘と同色、表面はかなり繊維質で、ササクレがビッシリ。

見た目がこんななので毒っぽい感じですが、とんでもない!美味な食菌ですよ。
流石はナメコに近いコ。味も香りもぬめり具合もナメコに良く似ています。
ただナメコより遥かに大きいので喰い甲斐が有ります。オススメは汁物や鍋。

■ 2007年11月09日 撮影

コレ実はヌメリスギタケの幼菌なんですよ。全然違うじゃねぇか!!!
これが成長するともっと黄色みが増して、あんな姿になるんです。意外。


■ 2007年11月09日 撮影

何かスゴい姿だな、小さい内はこんなに凄い鱗片に覆われているんですよ。
ただササクレの数は減らないので、成長と共に滑らかな表面に変化します。
幼菌を触ると、この鱗片に邪魔されてあまりぬめってる感じがしません。

■ 2007年11月09日 撮影

だーいぐーんせーい♪大群生ですよ。大収穫ですよ。壮観ですよ。
一番左の傘に虫がくっ付いて死んでますね。天然の鳥もちですねぇ。
何でここまでこんな強いヌメリを持ったんだろう?やっぱ傘を守るため?

■ 2007年11月09日 撮影

とても綺麗な個体を発見!何だろうこれ、これが萌えってやつかな?
ちなみにこのササクレが食べた時に痛そうだと思ったそこのアナタ!
大間違いです。傘のササクレも柄のササクレも軟らかいんですよ。
しかも柄のササクレ部も見た目には分かりませんがヌメリが有ります。

■ 2007年11月09日 撮影

凄いね。ちなみにこの立ち枯れた木、上から下までビッシリ生えてました。
写真はその一部。もう全部食えっつったって無理ですよ。キロ単位ですね。
ただ、これ、下が絶壁なんですよねー。「死」の危険大なのでスルー。

■ 2008年05月04日 撮影

カメラの調子が悪くて色がバグってたので修正してなんとか載せれる状態に。
ナメコの仲間のくせに発生期間が意外と長いヌメリスギさん。また発見です。
以前と同じ倒木です。発生は秋がデフォですが、にも発生します。
食べたかったけど、ちょっと古かったかなー。褐変して来てるし・・・。

■ 2010年11月07日 撮影

以前大発生を発見した山はヤマビルの発生が増えて足が遠のいていました。
もう見れないのかと思っていた矢先、なんと近所で発見しました。
群生とまでは行きませんでしたが、立派な個体を発見。今年は行こうかな?


■ 2010年11月07日 撮影

見覚えの有るササクレとぬめりが両立している不思議な傘です。
ホントは食べたかったんですけど一株だけだったし、そっとしときました。

■ 2012年11月08日 撮影

10月27日の渓谷探索で期待していたのに見れず、落胆してから数日後・・・。
また近所で発見しました。しかも前回とはかなり離れた場所です。
珍しい種だと思ってたんですが、私が思っているより身近なキノコなのかも。
お持ち帰りして頂きましたが、やはり味も香りもナメコ似でホント美味しい♪