★Pholiota microspora (ナメコ)

■ 2016年11月19日 撮影

実はずっと野生化した栽培品しか見た事が無くモヤモヤしていました。 このたび遂に青fungiさん主催のオフ会にて完全野生に出会うことができました。 晩秋から冬にかけてブナやミズナラの朽ち木に発生する著名菌「滑子」です。 強烈なぬめりと爽やかな風味から、日本では人気No.1クラスと言って差し支えないでしょう。

以前は種小名が「nameko」でしたが、海外のものと同種とされました。 海外ではこのぬめりはあまり好まれないみたいですね。美味しいのに。


■ 2016年11月19日 撮影

市販のナメコは傘が開く前のものなので、この姿はかなり新鮮ですね。 ひだは灰色からさび色に。柄は太くつばより上は白く、下は黄色です。 実はつばが面白いんですが、これはこの写真では分からないので後述。

まぁ言うまでもなく超美味な食菌。やっぱり汁物との相性抜群です。 ナメコ汁が一番オススメかな?鍋に入れても良いけど汁がヌルヌルになる。 あと野生ならではの楽しみ方としては、やっぱり焼きナメコでしょうかね? 傘を裏返して醤油をひだに垂らして頂く。大きい傘じゃないとできない贅沢。

■ 2016年11月19日 撮影

これは見た事有るって方が多そうですね。典型的なナメコの幼菌です。 でもやっぱスーパーで見るものよりも傘の色が明らかに濃色ですね。

■ 2016年11月19日 撮影

小規模ながら美しい群生。本種最大の特徴である傘のぬめりが美しい!


■ 2016年11月19日 撮影

本種の傘は最初茶褐色ですが周辺部は淡く、やがて全体が淡くなります。 厚い粘膜が覆うのは幼菌時の話で、大きく開いた傘はペトペトしています。


■ 2016年11月19日 撮影

ナメコを見たなら観察すべきは裏側。この世にも珍しいゼラチン質のつば。 本種のつばは軟質で幼菌時は膜状になってひだを完全に覆い隠しています。 傘が大きく開くと引きちぎられて萎み、柄にへばり付く形で残ります。 感じ的にはハナイグチのソレに近いですが、本種はより粘液質ですかね?

■ 2016年11月19日 撮影

実はこのフィールドで最初に発見したのはアスファルト上の落枝の上。 車で走っている際に発生に気付き、徒歩で戻ってみるとナメコでした。

■ 2016年11月19日 撮影

意外に知られてない本種の特徴。この幼菌、何かヘンじゃないですか? 傘の表面に木屑が付いている?いえいえ、これがその特徴なんですよー。


■ 2016年11月19日 撮影

拡大してみるとゴミじゃないのが分かります。そう、これ何と鱗片なんです。 本種の属名は「Pholiota」。スギタケ属です。もうお分かりですよね? 同属菌のナメコにも幼菌時のみスギタケ様の鱗片が見られるのですよ。 この鱗片が見られるのは最初期のみ。野生観察でしか味わえぬ魅力です。

■ 2016年11月19日 撮影

コチラも小規模ながら最もテカっていた子実体。何と言う愛らしさか・・・。 このぬめりは低温ほど良く出るみたいです。冷え込みを感じる一枚です。

■ 2018年12月29日 撮影

年末の地下生菌オフにて予期せぬ出会いとなりました。 発見者はK.Y氏ですが、その前から他の人も前をスルーしていました。 乾燥して傘の質感が変化していたため、裏側を確認してやっとナメコだと気付きました。 ちなみにアメジストの詐欺師氏が食べました。美味しかったそうです。そりゃそうだ。 雪をかぶった姿は風情がありますね。
■図鑑TOPへ戻る