■Pleurotus ostreatus (ヒラタケ)

■ 2006年10月04日 撮影

見た瞬間、また私の本能が「食える」とお告げを。言わずと知れた和名「平茸」。
地面ではなく朽ち果てたエノキの巨大な切り株の根から発生しています。
独特の香りと傘の厚みから本種だと分かるまでに時間はかかりませんでした。
ちなみに2011年には材の不朽が進み、ヒラタケの発生は完全に終了しました。


■ 2006年10月04日 撮影

上から覗き込んでみました。ウスヒラと比べて傘の色が薄いのが目に付きます。
まぁこの場合は前回見付けたウスヒラの傘の色が濃過ぎただけのような気も。


■ 2006年10月04日 撮影

裏返そうとしてしゃがんだ時にどこかで嗅いだ覚えのある爽やかな香りが・・・。
スーパーの栽培ヒラタケは酸っぱい臭いが強く、良い匂いとは言えない感じ。
しかし今回見付けたモノはシメジ臭と酸い香りが見事に溶け込んで素晴らしい!

ひっくり返すとウスヒラより明らかに肉が厚く、柄も太いです。実に美味しそう!
決め手は柄の基部が白色の菌糸で完全に覆われていた事。もう確定です。

全国的に「シメジ」の名で広く栽培品が出回っている極めて美味な食菌です。
栽培品も美味しいですが、その味は野生のヒラタケには遠く及びません。
まぁこれはどの販売キノコにも当てはまる当たり前の事なんですけどね。
炒め物、煮物、揚げ物、向かない料理は無いと言うほどの万能キノコなのです。
発生は晩秋。是非一度探して見て下さい。私も食べましたが素晴らしい風味です。

■ 2006年10月19日 撮影

何か随分と縦長の写真になってしまいました。生え方がコレだからまぁ仕方が無い。
大量発生も良いトコです。これは群生の一部。裏側にもワラワラと生えています。
ヒラタケは晩秋からの発生なので、時期的には今が旬。嬉しい秋の味覚です。


■ 2006年10月19日 撮影

幼菌と裏側を同時撮影です。ツキヨタケに似ていると言われますがそうでもない?
肉は極めて弾力が有り柔らかく、柄につばは存在しません。それに全体的に白い。
あと大きな特徴として本種の基部は極めて細かな白色菌糸で覆われています。
見た目での判断は危険と言われますが、本種に関しては除外しても良さそうです。

この株も採って食べました。虫が居る事が多いので洗った後は塩水に漬け置き。
本に従い大きい傘はチーズをかけてオーブンで焼きます。上にはパン粉を少々。
小さい傘はバターで炒めたモノをタルタルソースを付けて頂きます。
市販品でも十分美味しいですが、やはり天然の風味には敵いません。

■ 2006年10月25日 撮影

驚くほど大型の個体を発見。今まで見た中では最大サイズではなかろうか?
傘一枚が15cm超えてます。これだけ大きくなっても味も香りも良いです。

■ 2006年10月25日 撮影

ここはもうヒラタケの聖地ですね。採っても採っても後から生えて来ます。
朝見付けて夕方見てみたら2株とも採られていました。ありゃ残念。
他にも知ってる人は居るみたいですね。恐らく地元の方と思われます。
もうかなりの量食いましたし、写真に残せただけでも良しとしましょう。
ヒラタケは雪が積もるような時期でも発生するので見逃せません。

■ 2006年11月06日 撮影

あー・・・分かってはいましたが、無くなるハズが有りませんでしたね。
晴れ間続きだと思っていましたが朝露で地面は結構湿ってるんですね。
キノコってのは天気が崩れ始めたのを見逃しませんね。まさに食べ頃。
美味しく頂きました。これはマジで美味しいよ。見た目にも美味しそう!

■ 2006年11月06日 撮影

↑で発見した子株の横です。幼菌がウジャウジャ生えてました。
この段階では傘はちゃんとしたキノコ型で、柄は傘の中心から出てます。
言われてみればシメジ系に似ていますね。誤名で出回るだけの事はある。

■ 2006年11月28日 撮影

キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!見付けた時はもう狂喜乱舞。久々の10cmオーバー!
ここのヒラタケは木の幹じゃなく土に埋もれた枯木の根からしか生えていません。
理由は簡単、幹が無いからです。公園なので倒れる恐れの有る木は即伐採。
真下に同等のサイズの株が有りましたが、それは胞子飛散用に採らずに放置・・・。
この日の夕飯はアラゲキクラゲの酢の物と合わせて実に豪華な物となりました。

■ 2006年12月07日 撮影

近頃ここのヒラタケに異変が起きています。それがこの写真。大問題です。
他は全く正常なのですが、ひだの所々にいぼが出来ているのです。
何か菌類か何かに寄生されているのかな?これは流石に食欲が失せる・・・。


■ 2006年12月15日 撮影

調べてみた所、これはヒラタケ白こぶ病と言ってセンチュウの仕業だそうです。
このセンチュウと媒介者であるキノコバエの幼虫がこのような症状を起こします。
人体に影響は無いっぽいですが、栽培化では商品価値が無くなるため致命的。

■ 2006年12月15日 撮影

久々の大当たり!直径15cmの今まででも最大級のヒラタケです。
どうやら細かな株に分かれていないため、この傘に養分が集中したようです。
幸い寄生菌に侵されていないのでひだが綺麗です。ちょっと離れてますしね。
でもここは今まで生えていなかった場所。胞子飛ばしてもらうために放置。
撮影していても分かるほどの強い香りだけを楽しんでその場を後にしました。

■ 2007年10月17日 撮影

去年はここにはあまり生えていなかったんですが・・・。切り株の根の表面です。
表皮とコケを突き破って幼菌が相当量発生しています。く・・・食いきれんぞ!
やはり市販とは違って威風堂々と言いますか、迫力を感じますね〜。
大量に有ったので一塊採って味噌汁にしました。かぁ〜やっぱ美味い!
余談ですがこの切り株の周囲に来ただけで爽やかな芳香を感じました。

■ 2007年10月27日 撮影

でけぇ!マジででけぇ!!!来て良かったー。久し振りに大収穫ですよ。
傘2枚頂いただけなんですが、その夜の鍋は十分に賑わいました。
ちょっと古くて粉臭は有りましたが、天然のキノコらしい木の香りが。

■ 2007年11月17日 撮影

久し振りに良い状態のヒラタケ発見!成長を見守ります・・・。


■ 2007年11月23日 撮影

上の写真から5日後・・・。何ともまぁ立派な姿になってくれました。
人目に付く場所でしたが、幸い誰にも採取される事も無く無事成長。
黒っぽかった傘もスーパーで見慣れた灰褐色になっています。


■ 2007年11月23日 撮影

肉厚で超極太!実に食べ応えが有りそうな立派な株です。即採取!
その晩の鍋の具材の仲間入り。家族にも大好評でした。
天然物は結構食べたけど、ヒラタケが一番美味しいかもしれない。

■ 2007年11月24日 撮影

事故も多い危険な渓谷。さんざ歩き回って見付けたのはコイツだけでした。
もう12月も目前。数週間前までは至る所に生えていたのに・・・。
苦労せずとも近場で採れるのですが、この子なりの歓迎なのでしょう。
ありがとう。疲れも飛ぶよ。下は急流。流石は渓谷です。落ちたら終わりです。
ちなみにこの倒木は数週間前はヌメリスギタケの聖地でした。何という宝の山。

■ 2010年12月04日 撮影

毎年発生していたポイントが材の不朽により消失。長らく出会えませんでした。
しかし近所の山で発生を確認!ただ発生量としては決して多くはない感じ。
ただ乾燥気味だったため、雨さえ降ればチャンスは有ると思われます。
ってかここの個体群はどれもこれも傘の色が濃い。これが本来の姿?


■ 2011年12月10日 撮影

めっきり出会いが減りましたね。以前の安定供給地(朽木)が朽ち尽くしました。
以前は食べきれないので半分くらい置いて帰る感じでしたが、それも過去の栄光。
今新しいフィールド探してます。ここは来年あたり期待ができるんじゃないかな?

■ 2012年03月06日 撮影

驚くべき事が2つ。まず大きさ。傘の大きさ余裕の20cmオーバー。過去最大です。
2つ目、ここスッゴイ普通の住宅地の空き地。車で走ってて鼻水吹きました。
旧カメラしか持ってなかったので色合いが変なのが残念!どこで会うか分からない!
あと地味にショックだったのは古かった事ですね。1週間前に見付けたかったです。

■ 2013年11月13日 撮影

ほとんど人も通らない山奥の古びた林道。走行中に目線の高さに立派な姿。
少し古いですが立派な株立ちです。でも本当に凄いのは折れた上の幹・・・。

■ 2013年11月13日 撮影

折れた幹は斜面の下に落ちていましたが、上からでも良く分かりました。
メッチャ生えてる!しかもどれも大きい!迷わず駆け下りました。


■ 2013年11月13日 撮影

ご覧下さいこの見事なヒラタケの姿を!もう食べてくれと言わんばかりです!
当然ですが綺麗な子実体を少し拝借してその日の鍋に突っ込みました。
やはり美味しいですね。縄文人も食べていたと言うのも頷ける香りと味。
一緒に入れたハタケシメジとオオイチョウタケとの相性も抜群の贅沢な鍋でした。

■ 2013年12月21日 撮影

最近「キノコアイ」が鍛えられて来た気がします。気配を感じるようになりました。
以前プラントハンターの方が「・・・臭う!!!」と仰ってた意味分かって来ました。
これかなりの望遠で撮っています。ほとんどブレましたが一枚だけ綺麗なのが。

■ 2015年01月31日 撮影

実況動画撮影中に微かに爽やかな香りがしました。周囲を見回すと・・・。
本種の香りは低温でもハッキリ分かりますね。撮影中なので採取はせず。

■ 2015年06月04日 撮影

大台ヶ原の探索中に道の脇に退けられたブナの倒木に大発生していました。
やはり標高が高いため気温が低く、冬のキノコの本種も元気していますね。
美味しいキノコではあるのですが国立公園のため指を咥えてスルーです。
まぁヒラタケは低地にいっぱい生えてるから悔しくなんかないですしー。

■ 2015年06月28日 撮影

大台ヶ原大不作!ぶっちゃけコイツしか見付かりませんでした。ショック!
でも状態が綺麗だった上にこの木の場所で昆虫の調査の方にお会いしました。
ちょこっと冬虫夏草のお話とかも聞く事ができたので、それでチャラでしょう。