■Podostroma cornu-damae (カエンタケ)

■ 2009年08月15日 撮影

京都伏見稲荷を訪れた際に偶然出会えた念願のキノコ。春に毎年行ってたのに!
ブナ科樹木等広葉樹林の地上に稀に発生する、見た目通りの「火炎茸」です。
その真っ赤に燃え上がる炎のような外見が最大の特徴。愛好家には人気高いかな?
ずっと探していたのですが、発生が少ない種なので出会えるとは思いませんでした。
ベニナギナタタケに似ていますが、肉質が硬いと言う点で容易に区別できます。


■ 2009年08月15日 撮影

文章にするまでも無いでしょうが、外見的にはまさに「炎」。カッコイイです。
色は赤橙色で肉は硬く、内部は白色。複数に分岐して人の手のようです。
形状は様々で、一本のみが伸び上がったり、分岐が長くなったりと多種多様。


■ 2009年08月15日 撮影

先端はやや色が薄いですね。胞子はこの表面で作られています。分かりますか?
表面に細かな粒々が見えますね。これが埋まっている子嚢殻の飛び出た部分。
成熟するとここから胞子を噴出し、全体が白っぽく汚れたように見えます。

ご存知の方も多いでしょうが、世界でもトップクラスの致命的な猛毒菌です。
ちなみに致死量はなんとたったの10g。猛毒御三家に匹敵する毒性です。
毒成分は菌類が作る猛毒マイコトキシンの一種のとして知られるトリコテセン類。
胃腸系、循環器系、神経系、皮膚・粘膜等、ほぼ全身に重大なダメージを与えます。
最終的には多臓器不全を起こして死亡します。実際に事故も起きています。
また運良く一命を取り留めたとしても、脳に後遺症が残る事が多いようです。
さらに毒素の皮膚刺激性が強く、汁に触れるだけで炎症を起こすので注意!!!