■Psilocybe argentipes (ヒカゲシビレタケ)

■ 2009年07月11日 撮影

出会えて嬉しいやら悲しいやら?公園の草むらに大群生を作っていました。
和名が「日陰痺茸」なんて不穏な感じですが、ええ、それで合ってます。
法に触れる場合が有るので、勿体振らずに即ネタバレすべきでしょうね。
本種は所持しているだけで犯罪になる違法性を持つキノコです。
「M&M(マジック・マッシュルーム)」の1種なので、使用はもちろん所持もアウト。
詳しい毒性は後で書きますが、死に至る事も有る非常に危険なキノコですよ・・・?

ちなみに本種は小泉元首相が公邸に生えているのを見付けたエピソードが有名。
東京のド真ん中でも生えれる場所を見付けて生えてくる。凄い生命力ですねぇ。


■ 2009年07月11日 撮影

傘は褐色で釣鐘形。吸水性が有り、乾くと頂点から黄土色に変色します。
真っ平らに開く事はほとんど有りません。本種としてはやや淡い色合いでしょうか?
肉眼的に特徴的なのは傘と同色の柄に白いだんだら模様が有る事です。
上部に模様は無いのですが、つばの跡より下に綺麗な白い模様が入ります。
このようなコントラストを持つキノコは少ないので、重要な判断基準になります。


■ 2009年07月11日 撮影

もう一つ本種、と言うか本属であるかどうかの判断基準になる特徴が有ります。
それは肉が傷付いた時に青く変色する事。手前の傘の変色、分かります?
これはシロシビンを含むシビレタケ属に共通の特徴なので覚えておくと良いです。

もうばらしてしまいましたが、我が国の幻覚性の毒キノコの代表格です。
味は悪く、好んで食べる事は無いでしょうが、誤食すると大変な事になります。
毒成分はシロシビン。中枢神経に作用し、幻覚や精神錯乱等を引き起こします。
本属菌の中でも毒性が高く、暴力や自殺を誘発する事態も実際に起きています。
興味本位に試すのは危険。毒キノコは肉体を殺すだけではありませんよ?
中には本種のように人間性を殺すキノコが存在する事を忘れてはいけません。

■ 2010年07月04日 撮影

探しているわけではないのですが、この時期はイヤでも目にしてしまう・・・。
ただ非常にキノコらしい姿をしているので、被写体としては優秀なんですがね。

■ 2010年07月04日 撮影

本種らしい姿が見れました。強い青変性が有る様子が良く分かりますね。
幼菌は普通の色をしていますが、老菌が青変しすぎてほぼ真っ黒になっています。
これ言って良いかどうか分かりませんが、本種の幼菌の可愛らしさは異常

■ 2010年07月10日 撮影

最初に見た公園の同じ場所にまた出ていました。こりゃココに居着いてるなぁ。
傘は乾燥すると先端から色が褪せ、黄土色に変色、最終的にはこんな感じに。

■ 2010年07月10日 撮影

今まで見た中で一番綺麗な個体群だったと思う。傘の色合いに味が有りますね。
傘は本来暗褐色なのですが、青変性が有るので写真のような色合いになります。
色ムラが出来る事が多いですが、この個体群は満遍無く色付いていました。

■ 2011年08月09日 撮影

ほとんど使われない林道脇にて発見。書くべきかどうか迷いましたが、一応書きます。
本種などのM&Mを掲載しているサイトはマークされているとのウワサですね
なので多くのキノコサイトさんが本種の掲載を取り止める流れが有るみたいです。
ウチも擬人化までしてるし確実ですね。でも本種は本来日本に古くから存在した菌。

可能な限り掲載したいですね・・・。じゃなきゃこんな数載せてません。


■ 2011年08月09日 撮影

裏側です。ひだは灰褐色で胞子が熟すと紫色を帯びます。

■ 2012年07月07日 撮影

昨年訪れた場所ですが、まぁ今年も出てましたね。しかも綺麗な個体が多かった。
あ、このページ問題有るなら削除しますね。色々とウワサ聞いてますので・・・。


■ 2012年07月07日 撮影

これは可愛い!頭のポッチが萌えますね。実はこう言う姿は珍しいんですよね。
本種の傘は吸水性が高いため、傘の中央から乾燥して白くなる事が多いです。
ですがこのすぐ隣に沢が流れているので常時地面が湿っててしっとりしてます。
傘はボロボロですが、ここまで先端の突起が分かりやすいのは珍しいのでは?

■ 2013年06月29日 撮影

この場所は非常に安定して発生していますね。絶える様子は今の所無しかな?
と言うかこの山一帯が発生地みたいです。何ちゅう恐ろしい場所だよ!
まぁ人通りも一月に数えられる程度の古びた林道ですし問題無いでしょうけど。