■Rubinoboletus ballouii (キニガイグチ)

■ 2008年09月20日 撮影

雑木林の緩やかな斜面に落葉に埋もれるように群生していた「黄苦猪口」。
傘の直径は5〜7cm。派手な色の無い林の中では実に目立つ目立つ。
和名に「黄」なんて入っていますが、実際の傘はオレンジ色がほとんど。
以前も見たんですが、典型的な個体ではなく自信が無かったんですよね。


■ 2008年09月20日 撮影

この裏面に見覚えが有ったんですよ。図鑑で見たまんまの姿でして。
柄は傘のサイズのワリに妙にズ太く、傘とほぼ同じ色合いです。
ただ注目すべきは柄と管孔の境い目。やや垂生なんですよ。
なめらかに管孔→柄に変化していく感じで、それなのに網目無し。

色合いから言って毒々しいですが、意外にも食べられるのだそうです。
名前に「ニガ」なんて有りますが、苦味も無く、味もまずまずとの事。へー・・・。
ニガイグチ属のキノコはその苦みから食不適となる種が多い中の異端です。

■ 2008年09月20日 撮影

どこが黄色やねん・・・。どうみても全力でオレンジです。むしろ赤寄りじゃね?
ただ雨などに長く曝されると色が抜けて黄色に変化する事も有るようです。
最初に発見した個体は真っ黄色だったので、当時は同定できませんでした。


■ 2008年09月20日 撮影

一応裏側も載せてみます。管孔は意外にも白色。傷付くと褐変します。
柄が太く、傘も厚みが有るので、食べ応えは抜群でしょう。まだ試してませんが。

■ 2009年07月19日 撮影

ちょっと小型の株でしたが、久し振りに見れて大満足。不思議とマツが多いような。


■ 2009年07月19日 撮影

柄は傘の付け根と基部で色が白くなり、オレンジに色付くのは中程のみ。
基本的に網目は無いのですが、この株のように上部に網目が有る場合も。
食べようとも思ったのですが、乾燥が激しく、ちょっと不適でしたので断念。

■ 2011年08月06日 撮影

かなりハッキリした特徴は有るんですが、どうも食べる気にならないですね。
ニガイグチ属だってのが先入観として有るからでしょうか。払拭できるかな?
それにしてもやっぱ色合いが変ですよね、以前のデジカメと比べると。

■ 2012年07月14日 撮影

実はココ、2007年にキノコ探索を始めて、始めて本種を見た自然公園の一画です。
それ以後不思議とここでは見かけず、5年を経て再びここで相見える事に・・・。
と言うか何故今まで毎年欠かさず歩いていて出会わなかったと小一時間。

■ 2013年09月22日 撮影

最初はダイダイイグチかと思いましたが、全体的な雰囲気が全然違いますね。
観察会で出会った小振りながらも被写体として最適な構図の2株でした。
上の個体の方が立派なんですが、やはりキノコは俯瞰で撮るに限りますし。
■図鑑TOPへ戻る